未来屋書店店頭で決済できる!

mibon

商品詳細

『おくりびと』と『納棺夫日記』 世界が日本の死を理解した日―新潮45eBooklet 教養編9

『おくりびと』と『納棺夫日記』 世界が日本の死を理解した日―新潮45eBooklet 教養編9

青木新門

216円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 新潮社
レーベル 新潮45eBooklet
発売日 2010年02月26日

作品詳細

「蛆も生命なのだ。そう思うと蛆たちが光って見えた。」この一文こそ、『納棺夫日記』の核心であり、著者と当時27歳の俳優、本木雅弘の「出会い」だった。アカデミー外国語映画賞に輝いた『おくりびと』の原作は、いかにして生まれたのか? 筆者が納棺夫という職業を選び、3000体にも及ぶ「死の現場」に立ち会うことで、何を感じたのか? 映画では語られなかった、宗教や永遠について、著者が改めて世界に問いかける。

選べる! 読み方について

一度ダウンロードした本はオフラインでどこでもお読みいただけます。
mibonアプリ (無料) のダウンロードが必要になります。

そのままブラウザですぐにお読みいただけます。
ブラウザで読む際の動作環境はこちらをご確認ください。