mibon

商品詳細

椹野道流『最後の晩ごはん』『ローウェル骨董店の事件簿』【期間限定!試し読み特別版】

椹野道流『最後の晩ごはん』『ローウェル骨董店の事件簿』【期間限定!試し読み特別版】

椹野道流

0円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 KADOKAWA / 角川書店
レーベル 角川文庫
発売日 2016年11月25日

作品詳細

兵庫県芦屋市にある、真夜中営業の不思議な定食屋、ばんめし屋。
そこで働き始めた、元イケメン俳優の海里の成長を描いた、ちょっぴりせつなくてとびきり癒されるお料理青春小説、『最後の晩ごはん』。
そして、第一次世界大戦直後のロンドンを舞台に、過去の傷のため臆病になっている繊細な骨董店店主の兄・デューイと、戦争で傷つきながらも前向きに検死官として働く弟・デリックの兄弟が、アンティークを巡る謎を解き明かす、『ローウェル骨董店の事件簿』。
場所も時代も全く違う物語だけれど、どちらにも共通するのは、時々ひどく残酷になる世界の中で、優しい人々と、美味しいご飯がある場所が、どちらにもあるということ。
優しい物語の世界で、あなたも遊んでみませんか?

■「最後の晩ごはん」内容紹介
真夜中営業の不思議な定食屋、ばんめし屋で働き始めた、元イケメン俳優の五十嵐海里。
常連客の作家・淡海先生とも仲良くなり、順風満帆のはずが、後輩の若手俳優が店を訪れたことで、またもや嵐が巻き起こり……。

■「ローウェル骨董店の事件簿」内容紹介
第一次大戦直後のロンドン。左目に傷を持つ検死官デリックと骨董店店主デューイは、大戦でできた心の距離を埋められずにいる兄弟。
幼なじみの刑事エミールが持ち込んだ殺人事件の捜査で久々に再会するが…。

※本書は、「最後の晩ごはん」「ローウェル骨董店の事件簿」のそれぞれ1話を収録した試し読み版です。

選べる! 読み方について

一度ダウンロードした本はオフラインでどこでもお読みいただけます。
mibonアプリ (無料) のダウンロードが必要になります。

そのままブラウザですぐにお読みいただけます。
ブラウザで読む際の動作環境はこちらをご確認ください。