未来屋書店店頭で決済できる!

mibon

小説・文学/ノンフィクション 新着・話題の本(8139冊中 1-20件)

mibon はスマートフォン/タブレット専用の電子書籍ストアです。
購入された電子書籍を読むには iOSまたは Androidを搭載した端末と無料アプリが必要です。

詳しくはこちら

作品詳細

新たな真実。ポールが初めて認めたバイオグラフィー。必携の一冊。

続きを見る

作品詳細

政界との癒着、復興利権、ITバブル・・・これが闇社会経済だ!

続きを見る

作品詳細

侵略を正当化するレトリックか、それとも真の共存共栄をめざした理想か。アジア主義を外交史的観点から再考し、その今日的意義を問う。増補決定版。

続きを見る

作品詳細

ホテルが取れないのは東京、大阪、京都だけでなく、今や全国各地に広がり、宿泊料金は高騰している。注目の新制度・民泊は、従来の旅館業法の枠を超えて旅行客を宿泊させ、2020年にインバウンド4000万人を実現させようとするもの。アベノミクス最後の切り札といわれる画期的な政策だ。はたして、大きなビジネスチャンスはもたらされるのか? ホテル不足は解消されるのか? 業界に精通した第一人者が分析する、民泊が拓(ひら)く日本の未来。

続きを見る

作品詳細

悪い事態を思い浮かべると、それが現実になる。「事故が起こる」と言えば、実際に起こる。だから嫌なことは口にしないし、考えもしない。これがわれわれを縛りつけてきた「言霊(ことだま)」であり、今もって日本人はその支配下にある。新聞はなぜウソをつくのか。新聞は読者あってのことである以上、読者である国民が「言霊」信者である限り、正確で冷静な報道など出来ようはずがない!報道の陥穽(かんせい)を衝く、スリリングな文化論!

続きを見る

作品詳細

外交取材のエキスパートが読み解く世界史ゲームのいま。「歴史」の和解と打算、機略縦横の駆け引き……。戦略的リアリズムとは何か。

続きを見る

作品詳細

「偽史」「奇書」といわれる書物を「もう一つの日本史」として、それらが書かれた時代と、それらがもたらした影響を交えながらブックガイドのスタイルで紹介する。また、異説や仮説を展開した人びとなど歴史をめぐるできごとにもスポットをあてていく。『江戸しぐさの正体』の原田実氏監修。

続きを見る

兵士に聞け 最終章

新着

兵士に聞け 最終章

著者:杉山隆男

作品詳細

沖縄の空へ、尖閣の海へ、そして御嶽の頂きへ――。「兵士シリーズ」、ついに完結!

続きを見る

作品詳細

もう、「文系だから……」では逃げ切れない。AI時代を生き抜く「知性」をあなたに。

続きを見る

作品詳細

「研究対象を恋愛対象にしてしまいました……」前代未聞、抱腹絶倒のノンフィクション系社会学。

続きを見る

作品詳細

何が国益を損なうのか。自民党外交族の重鎮に気鋭の学者が迫った異色対談。

続きを見る

作品詳細

災害大国・日本でもことさら多いのが水害。この四半世紀で1300件以上発生し、死者・行方不明者は1700名近くにのぼる。 自然の宿命もさることながら、水の出やすい旧城下町に人口が集中していることも大きく、人災である側面も否めないのだ。繰り返される水害を防ぐべく、古(いにしえ)より人は地名に思いをこめて警鐘を鳴らしてきた。かつては海であり、沼沢(しょうたく)や砂地、川があった場所、何度も土地が崩れた地点には、必ず鍵となる語が地名に残されている。例えば、崎、龍、瀬、狛、駒――の字が警告するものは何か?

続きを見る

作品詳細

婚姻届に判を押すのは、借金の連帯保証人になるより恐ろしい。

続きを見る

作品詳細

武家や商家の家訓や財閥、現代の一流企業の社訓などから、仕事と人生に役立つ言葉を齋藤孝がセレクト。現代日本人が忘れた先人の知恵を読み解く一冊。

続きを見る

作品詳細

現代に起こる犯罪の原型は、大都市・江戸にあった。犯罪は時代の鏡、犯罪を知ればその時代がわかる。驚くべき、江戸の正体とは?

続きを見る

8139冊中[1~20件を表示]