ビジネス・資格/政治・経済 新着・話題の本(14991冊中 1-20件)

作品詳細

『資本論』入門シリーズ第1弾! ぼくらの「賃金」は、どうやって決まるのか? いまこそ読まれるべきマルクスの経済思想。

続きを見る

作品詳細

破門と禁書で封じられた危険な哲学者スピノザの“過激な”政治哲学。混迷する現代にこそ読まれるべき重要古典!

続きを見る

作品詳細

「思想・言論・表現の自由」をどう守り抜くか? 『エチカ』と並ぶスピノザの主著、70年ぶりの待望の新訳!

続きを見る

作品詳細

経済学と哲学の交叉点に身を置き、社会の現実に鋭くせまろうとした青年マルクス。のちの『資本論』に結実する新しい思想を打ち立て、思想家マルクスの誕生となった記念碑的著作。

続きを見る

作品詳細

日本は「独立国家」としていかに生き延びるべきか。三人の酔っ払いが繰りひろげる正論、暴論、極論ありの"憂国放談"!

続きを見る

作品詳細

「万人の万人に対する闘争状態」とは何なのか? 近代国家論の原点であり、西洋政治思想における最重要古典、待望の新訳!

続きを見る

作品詳細

「人口の増加は常に食糧の増加を上回る」。デフレ、少子高齢化、貧困・格差の正体が、人口から見えてくる。二十一世紀にこそ読まれるべき重要古典を明快な新訳で。(解説・的場昭弘)

続きを見る

作品詳細

「ぼくたちは、選挙のあいだだけ自由になり、そのあとは奴隷のような国民なのだろうか」。世界史を動かした歴史的著作の画期的新訳。本邦初訳の「ジュネーヴ草稿」を収録。

続きを見る

作品詳細

二十世紀初期に書かれた著者の代表的論文。ソ連崩壊後、社会主義経済を意識しなくなり、変貌を続ける二十一世紀資本主義を理解するうえで改めて読む意義のある一作。

続きを見る

作品詳細

「私たちの生命・自由・財産はいま、守られているだろうか?」近代市民社会の成立の礎となった本書は、自由、民主主義を根源的に考えるうえで今こそ必読の書である。

続きを見る

作品詳細

『資本論』読解に必読の書! マルクスが構想した『資本論』のもう一つの結末、幻の草稿を全訳で!!

続きを見る

作品詳細

ホブソン、レーニンに先駆けて書かれた「帝国主義論」の嚆矢。徹底した「平和主義」を主張する「反戦の書」。

続きを見る

作品詳細

彼らはどのように現状を破壊し、未来を創り出していったのか? アヘン戦争から太平洋戦争にまでのイノベーターたちの挑戦の歴史。

続きを見る

作品詳細

行動経済学の入門テキスト。具体例や実証結果などを用いながら、基礎から実世界との関わりまで学べる。各章末に練習問題つき。

続きを見る

作品詳細

企業業績が絶好調だ。上場企業の3分の1弱に当たる1000社が来期に最高益を更新するとみられる。『会社四季報2017年2集・春号』の最新予想を基に、稼ぐ力を取り戻しつつある日本企業を追った。

続きを見る

作品詳細

初代伊藤博文から安倍晋三まで、歴代総理の仕事、歴史背景、ウラ話など読みやすくまとめたウィークリーブック!

続きを見る

14991冊中[1~20件を表示]