未来屋書店店頭で決済できる!

mibon

検索結果(8冊中 1-8件)

並べ替え

作品詳細

まえがき

あがり症の推定患者数は推定300万人と言われています。
多くの人前で何かを発表しなくてはならない時、異性の前で話しをする時・・・日常の多くの場面で私たちは「緊張」に出くわすことが多いはずです。程度の差はあるものの、社会生活の中では人は皆「緊張・あがり・赤面」の経験がある事でしょう。しかし、極度のあがり症は時として社会生活に支障をきたすほどの大きな障害となっている人も少なくありません。
… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

目次


一.住宅営業マンの本質
二.太く短いお付き合いで
三.ローコストメーカーのからくり
四.建物以外にかかる諸費用って一体何?
五.どんぶり勘定な諸費用
六.新築の感激はほんのひととき


まえがき

新築住宅を計画している皆様、これから新築のマイホームを購入するにあたって何から始めましょうか?「そりゃ、ハウスメーカーの展示場に行ってモデルハウスを見るに決まっているでしょう!」その通りですね… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

ブラック企業・・・ブラックバイト・・・ここ数年でこのような言葉を耳にする機会が増えてきました。
会社の内情、社員の待遇は入社してみないとわからない現実が多くある為、転職を考える人たちを含めて新社会人となる学生の間ではこの「ブラック企業」と言われる組織へ入らない為の情報収集や情報交換がインターネット上でも賑わいを見せており、そこには「ブラック企業ランキング」「ブラック企業の見極め方」など… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

ポジティブになりたい、ポジティブ思考、ポジティブじゃなきゃダメだ・・・
私たちは子供の頃は学校で「常に明るく前向きに」、社会に出ても「ポジティブに」と後ろ向きな発言そのものを禁止される様な、ポジティブが「善」でネガティブが「悪」とされる言わば「ポジティブという洗脳」によりネガティブな感情をひた隠しにして生きる風潮が根付いております。
そしてポジティブに生きなきゃならない、ポジティブじゃないと幸… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

東日本大地震から4年が経ち、被災地の復興も加速していきました。
そしてその次は熊本地震。
震災直後は世の中も防災、防災と危機意識を向けるものではありますが震災というものは日常的なものでは無い為か、数年経つとこの意識も自然と薄らいで行くものです。被災地に住む私たちですら既に普通の生活に戻りつつある今、被災地とは縁遠い場所に住む人たちは尚更のことでしょう。しかし、次に何処で発生するか分からない大地… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

辛いことから逃げない・・・石の上にも3年・・・根性・・・忍耐・・・正々堂々と、どれをとっても日本人の好きな言わばポジティブな素晴らしい言葉ばかりです。
当然その先の未来には「辛抱すれば何とかなる」「苦労は必ず報われる」と言う、何らかの見返りがあるが故の先人の教えでもあります。そして、私達の多くが子供の頃から「我慢」「忍耐」と言うキーワードをすり込まれ教育されて来たはずでもあり勿論、日本人の「真面… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

8冊中[1~8件を表示]