検索結果(11冊中 1-11件)

並べ替え
絶筆

絶筆

著者:野坂昭如

作品詳細

病に倒れて後、ノサカは日記という作品に魂を傾注した。急逝の数時間前まで。

続きを見る

作品詳細

空襲下の防空壕、焼け跡の闇市。敗戦前後の混乱期に根強く生きた日本人への共感をユニークな文体で綴った直木賞受賞作

続きを見る

作品詳細

オナニーこそ最高! 女に性欲はない!「アカデミックな性の常識」に抗して、中年男の立場から切々と綴る男性解放宣言

続きを見る

作品詳細

包茎の勧め、美人局被害体験報告、ポルノ解禁断固反対、性にまつわる森羅万象を軽妙真摯な筆致で描く名エッセイ完結篇

続きを見る

作品詳細

スタジオジブリ制作のアニメと実写で2度映画化された永遠の名作「火垂るの墓」など全6編を収めた短編集。

続きを見る

作品詳細

養父たちを焦土で奪われた苛烈な体験を忘れることなく、ニセの“安寧・平穏”をきびしく峻拒する野性の魂。

続きを見る

作品詳細

「家庭篇」から始まり告白的「私篇」、そして巨大都市・東京の行末を暗示する「山椒媼」まで饒舌かつ猛スピードで語られる14の断章

続きを見る

作品詳細

性の享楽を斡旋演出するエロ事師たちの猥雑きわまりない生態を描き、その底にひそむパセティックな心情を引出した型破りの小説。

続きを見る

作品詳細

誰にも書けない世界だけを、書き続けた。ノサカ・アキユキ・リターンズ!

続きを見る

作品詳細

右へ進もうが、左に行こうが、日本のお先は真っ暗闇。希望や救いはどこにもない、日本はもう一度焼け野原になるしかないことを万感を込めて謳う、“最後の文士”野坂昭如、渾身の檄文。

続きを見る

作品詳細

若き無頼の時代を過ごした東京の十二の町を再訪し“土地との契り”、そして交わった女たちをつづる極私的な東京記

続きを見る

11冊中[1~11件を表示]