未来屋書店店頭で決済できる!

mibon

検索結果(12冊中 1-12件)

並べ替え

作品詳細

数学・物理が苦手な人でも大丈夫! そもそも光とは一体何か? から始まり、重力レンズ、ワームホールについても。宇宙が身近になる!

続きを見る

作品詳細

はたしてアインシュタインは超えられたのか? 量子論から素粒子論、そして宇宙論へ、この100年が解き明かしてきた「物理学のあらすじ」。

続きを見る

作品詳細

相対性理論から謎の真空エネルギーまで、宇宙論全史と最新宇宙学がわかる!

続きを見る

作品詳細

最新宇宙論が描き出した宇宙創生とその未来像とは。「宇宙の全貌」に挑む!

続きを見る

作品詳細

超新星研究からインフレーション宇宙論へ。佐藤勝彦先生最終講義、全記録!

続きを見る

作品詳細

明らかになった宇宙の歴史と深まる暗黒エネルギーの謎.日本を代表する研究者が,宇宙と人類のはるかな未来を考察する.

続きを見る

作品詳細

相対性理論と量子論は、ともに近代物理学のベースをつくり関連している理論。二つを一冊の本でわかりやすく解説する初めての試み。

続きを見る

作品詳細

ホーキング博士の難解な宇宙論がブームになったことは記憶に新しい。そんな難解な理論の代表格が、ホーキング理論の基礎でもあるアインシュタインの「相対性理論」ではないだろうか。実は、相対性理論は彼がいなかったら成立しなかったというわけではない。その発表とともに世界の学者たちが「ああ、そうだったのか」と、直ちに理解したのである。別の見方をすれば、相対性理論は天才しかわからないものではなく、素直に考えればなるほどそうだったのかと誰でも思えるものなのだ。本書は、従来の解説書と違い、数式をできるだけ使わず、イラストや図解を多用することで、スラスラと理解できる入門書。あなたをアインシュタインの不思議で謎に満ちた世界へと誘います。全体を10章に分け、「アインシュタインの生涯」「遅れる時間の不思議」「双子のパラドックス」などのテーマごとに解説。楽しく読み進むだけで理解できるように構成された画期的な一冊。

続きを見る

作品詳細

とても興味があるけれど、むずかしくて理解できない……そんな代表的なものが、アインシュタインが提唱した「相対性理論」だろう。ところが、現代物理学にはその相対性理論よりも難しく、奇妙で、なおかつとても面白い理論がある。それが「量子論」。一番身近な例をあげると、最近はほとんどの人が持っている携帯電話やパソコンのもっとも重要な部品ともいえる半導体チップの中を支配している法則である。こればかりではなく、素粒子などのミクロの世界に適用されるもので、人などの遺伝子など生物の構造や進化、そしてマクロの極限である宇宙の創生までを解明するとされている。本書は、その量子論のポイントが一目で理解できるように、図やイラストを多数使って初心者向けにわかりやすく解説した格好の入門書。最先端物理学の不思議な世界を手軽に味わうことができる。監修は宇宙物理学を世界的にリードしている東京大学の佐藤勝彦教授。

続きを見る

作品詳細

宇宙に生命はいるのか。いまやSFではなく現実的な科学のテーマとなった地球外生命の存在について9の論点をもとに可能性を考える。

続きを見る

12冊中[1~12件を表示]