未来屋書店店頭で決済できる!

mibon

検索結果(7冊中 1-7件)

並べ替え

作品詳細

書籍紹介
鞆の浦沖にて紀州藩の蒸気艦と衝突・沈没した、海援隊の「いろは丸」。
日本初の蒸気船同士の事故として有名なこの事件は、紀州藩が土佐藩に莫大な賠償金を支払うことによって決着した。
その金額は7万両。それには「いろは丸」が積載していたという大量の銃火器類や金塊の代金が含まれていた。
国際法『万国公法』を楯に徳川御三家のひとつである紀州藩に挑む海援隊隊長・坂本龍馬。
だが最新の研究で「いろは丸」… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

近世と近代の境界、幕末。
侍の世が終焉を告げ、急速に近代国家へと変貌を遂げるための過渡期であり、戦国時代以来最大の内乱期としても歴史に強く記憶された時代だ。
太平の眠りを斬り裂くかのように、この時実に多くの剣客が輩出し、「剣」と「剣術」がかつてないほど必要とされた瞬間を謳歌していた。
やがて近代的な軍隊制度による銃砲戦が主流になり、衰退する運命に直面する剣術。しかしそれを自在に操った有… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

書籍説明文
幕末の英雄、坂本龍馬。維新回天の原動力として大きく歴史を動かした伝説の志士だ。
だが彼について語る時、多くのファンが気になる問題がある。それは「剣士としての強さ」だ。
剣豪であったことをうかがわせるような数多くの言い伝えやエピソードが残されているものの、それらのなかには史実とは異なるものも少なくないため、龍馬の剣の実力のほどはいまいちはっきりしないのが現状だ。
そこで、彼が幼少の頃から… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき
「おもてなし」という言葉が、来客に対する日本人の真心を示すキーワードとして再評価されてきたことは記憶に新しい。
もてなす側はゲストに快適で豊かな時間を過ごしてもらうことを無上の喜びとし、そのためにあらゆる面で心を砕くことが必要とされ、しかもそれをさりげなく行うことで苦心の跡を感じさせないことが一種の美徳とされている。
日本文化の「おもてなし」の在り方を象徴する、精髄のひとつとして「… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき
関ヶ原以来、約300年ぶりの内乱は武士の世の終わりを告げ、日本が近代国家へと変貌を遂げるターニングポイントとなった。
西洋式調練を施された近代的軍隊である新政府軍と、新旧の戦闘法が混在する部隊である旧幕府軍の戦闘は、まさに侍にとって最後の舞台となっていった。
矢合わせにとって代わる銃砲撃戦。槍ぶすまを凌駕する白兵突撃。それらはこれまで侍が経験してきた戦場とはまったく異なる、新時代の… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

日本史上、もっとも「剣」がその本来の威力を発揮し、かつ必要とされた時代とは幕末の動乱期ではないだろうか。
あまたの志士たちが己の信念を貫き、剣一振りに身命を懸けて時代の波濤に立ち向かった日々の物語は、現代に生きる我々にも今なお深い感慨を与え続けている。
三百年に届こうとする歴史を持つ巨大な政権である幕府と、それを打倒し新たな時代を打ち立てようとする勢力との二項対立、という図式をごく大ま… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

書籍紹介

幕末に恐れられた薩摩の剛剣、示現流。
「一の太刀を疑わず、二の太刀は負け」といわれるように、激烈な袈裟斬りただ一刀で死命を制する苛烈な剣術だ。
だが、薩摩の系統では「示現流」と「自顕流」、二つの流派があることはあまり知られていない。
どんな稽古によって強力な太刀筋を養うのか?どのような道具を使って鍛錬を行うのか?
そして、二つの流派にはどのような技があるのか?
本書ではこれらの流派を詳… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

7冊中[1~7件を表示]