未来屋書店店頭で決済できる!

mibon

検索結果(260冊中 1-20件)

並べ替え

作品詳細

特集 商社の勝者 特集2 三菱重工業 特集3 ドン・キホーテ

続きを見る

作品詳細

特集 息子・娘を入れたい学校2015 特集2 東レ 旧態依然の凄み 特集3 アクサ アジア戦略の全貌

続きを見る

作品詳細

特集 韓国3大企業サムスン・現代自動車・ポスコ失速! 特集2 上半期▲7400億円「経常赤字」問題の本質

続きを見る

作品詳細

上場企業の約7割と取引関係を持ち、
2400万人の口座を持つ。
みずほフィナンシャルグループは
その顧客基盤故に潜在能力大といわれながら、
内部の派閥闘争や不祥事で苦汁をなめ続けてきた。
それらと決別する体制を整備し、
ようやく内部が落ち着いてきた“眠れる獅子”は、
万年3位からの脱出というミッションを完遂できるか。

続きを見る

作品詳細

特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国 特集2 2017年 新卒就職戦線総括 今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

続きを見る

作品詳細

2014年内にも、トヨタが水素で動く燃料電池車を発売する。
4月のエネルギー基本計画には水素の2文字が盛り込まれ、
産業界や自治体が商機をつかもうと水素に群がっている。
果たして、水素は次世代エネルギーの主役になり得るのか。
水素革命“前夜”の動きを追った。

続きを見る

作品詳細

規模の論理が働くコンビニエンスストア業界では今、
中小チェーンが相次いで大手のグループに入るなど、
再編が相次いでいる。
その結果、業界は寡占化が進み、
セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの三国時代に突入する。
3強は勢力を拡大すべく、
熾烈な陣取り争いを繰り広げている。

続きを見る

作品詳細

忙しい現代の消費者は
常に料理の時間を短縮したいと願っているし、
便利なサービスは山のようにある。
ところが二律背反するように、
手作り願望や健康志向も高まっている。
そして、そこに新たな市場が生まれている。

続きを見る

作品詳細

中核事業として、
ソニーの技術を結集させてきたスマートフォンが、
コモディティ(汎用品)化の迷宮にはまり込んだ。
事業継続に強いこだわりを持つ平井一夫CEOだが、
その経営の軸はブレ続け、
復活への道はいまだに見えてこない。

続きを見る

作品詳細

実際はお金を支払って採用された広告記事にもかかわらず、
ニュースのように偽装されてオンライン上で拡散されていくステマ記事。
静かにインターネット上のメディアに感染している
この現状を見極めるため、
本誌は2カ月に及ぶ取材を重ね、
ついにその生態系の一端を解明した。

続きを見る

作品詳細

インターネットやスマホの台頭により、今やCDの市場は壊滅状態にある。音楽家やレコード会社は変革の波に悩み、そしてそこにチャンスを見出そうとしている。音楽に未来はあるのだろうか?音楽業界がなぜ壊滅的状況に陥ったのか、新しいサービスにチャンスはあるのかなどをデータ満載で紹介した「週刊ダイヤモンド(1月12日号)」の第2特集『誰が音楽を殺したか?』。その特集を電子書籍化しました。

続きを見る

作品詳細

特集 ゼネコン・不動産開発バブル 特集2 宿命の対決 静岡 vs 浜松 2都ライバル物語

続きを見る

作品詳細

1月22日、日本銀行が安倍政権の要求を丸呑みする形で、2%の“インフレ目標”を導入した。安倍首相の日銀に対する強い干渉は、足元のところ円安・株高を誘導したように見えるが、そもそも「インフレ率2%」とは実現可能な数値なのか。はたして日銀は政府の要求を何でも聞くようになったのか、そうした政府・日銀の関係は世界的に見て適切なのか――。

続きを見る

作品詳細

安倍政権の発足後、株価は急上昇を続けています。背景には、政府からの要求に屈し日銀がインフレ目標を導入、その結果、円安が急激に進んだことがあります。この急騰に乗り遅れまいと、個人の株式投資も再び活発化しています。「週刊ダイヤモンド」(2013年2月2日号)の第一特集『円安に乗る! 株・投信・外貨投資』は、今、どんな金融商品に投資すべきなのか?をバッチリ掲載しています。

続きを見る

作品詳細

外食市場が頭打ちになる中、
唯一、気を吐いているのが回転寿司だ。
1958年に産声を上げてから60年近くが経過、
時代の変化に応じた創意工夫を積み重ね、
今では最先端技術まで駆使して消費者を引き付けている。
店頭ではうかがい知れない、進化目覚ましい回転寿司の舞台裏を紹介しよう。

続きを見る

作品詳細

欧米では古くから「LGBT」という人たち向けに大きな消費市場が存在しています。
LGBTとは「レズビアン(女性に惹かれる女性)」、「ゲイ(男性に惹かれる男性)」、
「バイ・セクシャル(両性愛者)」、「トランスジェンダー(性同一性障害)」
の頭文字を取り、性的少数者の総称として使われる言葉です。
LGBTは人口の約5%の規模で存在するといわれています。
LGBTに関する商品やサービスの市場は、米国では77兆円、英国は7兆円にもなり、
企業は無視できず、情報感度が高く可処分所得も多いLGBTへの対応を誤ると 
業績に大きく影響する可能性もあります。
そして、日本でも市場は5兆7000億円という調査結果もあります。
ようやく日本で注目され始めたLGBT市場とどう向き合うのか。
週刊ダイヤモンド(2012年7月14日号)では第二特集「国内市場5.7兆円 LGBT市場を攻略せよ!」を掲載。
本特集はレズビアン&ゲイカルチャー、LGBTコミュニティに貢献した人に贈られる
「Tokyo SuperStar Awards2012」のメディア賞を受賞しました。
この度、その特集を電子化しました。

続きを見る

作品詳細

トヨタが生産現場の改革を終え、
凍結していた工場新設を再開する。
と同時に、新たな設計ルール
「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の準備も整い、
2015年中にTNGA第1弾として4代目「プリウス」を投入する。
この新たな設計手法によって
魅力ある車の機動的な投入を可能にし、
世界の主要市場をくまなく攻略できるか──。
“意志ある踊り場”の間に進めてきた、
知られざる構造改革の本質と、その成否を占う。

続きを見る

作品詳細

なサービスパック版(2冊で150円/税抜)も販売しています。詳しくは『週刊ダイヤモンド 特集BOOKS』で検索ください】

「自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設」。
ソニーの設立趣意書に書かれたこの有名な文言に引かれて
ソニーに入社した人材が、職場を見限り始めている。
彼らは何を思い、ソニーを去ったのか。

ある者は海を渡りライバルの韓国メーカーへ。
ある者は自由な社風に魅了され世界的なIT企業へ。
ある者は自身の技術力を生かすため自ら起業。

共通するのは、ソニーを辞めていった社員は皆、
退社後もソニーを愛してやまないこと。

「週刊ダイヤモンド」(2011年2月12日号)の第二特集で
『SONYを去ったエース社員たちからの提言 ヤメソニーに訊け!!』
を掲載。
なぜ、優秀な人材がソニーをやめるのか、
韓国企業にわたった人材はどのように扱われるのか。
そして、退社した「ヤメソニー」たちは
今のソニーをどう見ていて、何を提言するのか。
これらを紹介しつつ、ソニー復活ための処方箋を提示しました。

続きを見る

作品詳細

だらだらとパソコンの画面を眺めていたり、
四六時中スマートフォンをいじったりしていれば、
あなたは立派な「ネット・スマホ中毒」だ。
さらに深刻さを増せば仕事や生活にも支障を来しかねない。
そうなる前に、
デジタル機器から距離を置く「デジタルデトックス」に
取り組んでみてはいかがだろうか。

続きを見る

作品詳細

【この商品は1冊単品版です(定価100円/税抜)。「ヤメソニーに訊け!!」とセットになったお得なサービスパック版(2冊で150円/税抜)も販売しています。詳しくは『週刊ダイヤモンド 特集BOOKS』で検索ください】

苦境ばかりが伝えられるソニー。
しかし、テレビ広告もなく家電量販店にも並ばないが、世界に誇れる技術がある。
それは、プロフェッショナル向けの商品群だ。

イラク南部で自衛隊を守る監視システム、通称「千里眼」、
iPhoneにも搭載される電子の眼(イメージセンサー)、
テレビ局用の放送機材や、半導体、リチウム電池・・・。

「週刊ダイヤモンド」(2011年7月30日号)の第二特集で
「ソニーの『B面』 知られざる黒子事業」を掲載。
普段、一般の消費者が接することの無い技術、製品から
ソニーの隠れた可能性を紹介しました。

続きを見る

260冊中[1~20件を表示]