mibon

mibon 電子書籍 小説・文学 文芸

シークレット・ダイアリー(電子書籍)

mibonフェスティバル 毎日ポイントプレゼント(8/16分) 先着2000名様!30ポイントGET♪
8/16限定 mibonコード KKPZ

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
シークレット・ダイアリー

シークレット・ダイアリー

華山姜純

162円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 いるかネットブックス
レーベル
発売日 2010年04月05日

999チケット対象外

作品詳細

【登場人物】
◎柿本冴子 三十一歳のアラサー独身女性。笹野探偵事務所に勤める派遣探偵。鋭い洞察力をもち、事件の謎を次々と解決していく。勝気で真面目。笹野達也に好意を持っている。
◎笹野達也 四十歳のアラフォー独身男性。笹野探偵事務所の探偵である一方、プロゴルファーになる夢を未だ捨て切れない。マイペースでいい加減なところがあるが、明るくおおらかな長所もある。冴子のことを少し気にしているようにも思える。
◎秋田陽介 新聞記者で笹野達也の大学時代からの友人。笹野探偵事務所に依頼人を紹介する。
◎早川久恵 依頼人。失踪した息子が残した日記には電子ロックの鍵がかけられていた。それを解くにはパスワードが必要。そのパスワードを解明して欲しいと笹野探偵事務所を訪れる。
◎早川信行 日記を書いた本人。ある政治家の私設秘書をしている。その政治家が汚職疑惑でマスコミに取り上げると、日記を母親に送って自分は失踪。どこかに潜伏している。
【作品紹介】
失踪した政治家秘書が残した日記。それには電子ロックが掛けられパスワードを入力しないと開かないしくみになっていた。『GOVERNMENT OF THE PEOPLE BY THE PEOPLE FOR THE PEOPLE 消えゆく言葉は人民政治のために 残されたのは闇の世界』裏面に書かれたリンカーンの名言と謎めいた文章。そこにロックを解除するパスワードが隠されている。派遣探偵柿本冴子はそれを解明して日記を開き、秘書を救うことができるだろうか?

殺臭の電子書籍ならmibonにおまかせください!レーベルの本、出版社の本、新刊コミックなどを手軽に読むことができる電子書籍サービスです。

選べる! 読み方について

一度ダウンロードした本はオフラインでどこでもお読みいただけます。
mibonアプリ (無料) のダウンロードが必要になります。

そのままブラウザですぐにお読みいただけます。
ブラウザで読む際の動作環境はこちらをご確認ください。

シークレット・ダイアリーの電子書籍 よくある質問

シークレット・ダイアリーを電子書籍で購入した場合は、どれくらいで読むことが可能ですか?
mibon電子書籍でシークレット・ダイアリーをご購入いただいた場合、購入後すぐに読むことが可能です。
シークレット・ダイアリーを電子書籍で購入したら、どんな環境で読むことができますか?
mibon電子書籍でシークレット・ダイアリーは、mibonアプリで読むことが可能です。