mibon

mibon 電子書籍 ビジネス・資格 政治・経済

1日24時間、月に700時間働く方法。逆にラクになる働き方。(電子書籍)

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
1日24時間、月に700時間働く方法。逆にラクになる働き方。

1日24時間、月に700時間働く方法。逆にラクになる働き方。

MBビジネス研究班

329円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 まんがびと
レーベル
発売日 2014年08月03日

999チケット対象外

作品詳細

毎日24時間働けと言う人がいます。こういったことを言う人は嘘つきでしょうか?それとも大げさなのでしょうか?毎日24時間働くということは一ヶ月で約700時間働くということです。それは、普通に考えれば不可能なことです。一方、実際に一ヶ月の労働時間が500時間を超えるような過酷な労働環境でがんばっている人もいます。そこで、この700時間と500時間は同じ労働なのか?という疑問が出てきました。そして、そこには大きなギャップがありました。この興味深いギャップを中心に、700時間働くということは、どういうことなのかを考察いたします。


まえがき

月の労働時間が500時間超え。
3ヶ月間、休みなし。
毎日の労働時間17時間。

不景気のせいだろうか、それとも日本企業の悪癖だろうか、長時間労働の話をニュースで見かける機会が多い。
ニュースの詳細を見れば見るほど、目を疑いたくなるような労働条件でがんばっている従業員がいる。

それでも、経営者に多いが1日24時間働けという人がいる。

しかし睡眠時間も必要だし、1日24時間働くことはできない。だから、月に500時間も働くような人は、普通に考えてもっとも1日24時間労働に近い人だ。
きっとそういった人ほど早く出世するのだろうと思うのだが、どうやら現実はそうでもない。

じつは、そこにこそ最大のギャップがある。

そして、そのギャップを理解すると、1日24時間、月に700時間働くほうが、1日17時間、月に500時間働くよりもラクだということがわかる。

本書では、そのギャップを中心に、月に700時間働くということを考えていきたい。それが、皆様のビ… 以上まえがきより抜粋

シリーズ一覧