mibon

mibon 電子書籍 ビジネス・資格 政治・経済

部下を殺す上司(電子書籍)

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
部下を殺す上司

部下を殺す上司

MBビジネス研究班

329円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 まんがびと
レーベル
発売日 2014年07月10日

999チケット対象外

作品詳細

【編集部コメント】

忙しいビジネスパーソンでも10分程度で読み終えることができますのでオススメです。
上司が部下のキャリアやスキルに配慮する必要性を知ることができました。
また自分が部下にとってどんな上司かわかると同時に、自分の上司が自分を活かすのか殺すのかも考えられました。
会社というのは、使い使われる世界ですので、こういった意識は非常に重要だと感じます。


まえがきより

本書は決して殺人事件のルポや、ミステリー小説ではない。名探偵も登場しない。

「部下を殺す上司」

この「殺す」というのは、市場価値を「殺す」という意味だ。

新入社員は、入社する段階で、そこそこの市場価値がある。それがいくらかといえば、彼らがもらう初任給がそれだ。月給20万円なら、それが彼らの市場価値だ。この価値の中身は、大半が若さだ。若さは時間がたてばなくなる。だから、彼らは若さのかわりになるスキルを身に付けて市場価値を上げていかなければならない。年齢だけを重ねていけば市場価値は下がるばかりだ。ニートのまま30歳になったら就職先が見つかりにくいのは、市場価値が低いからだ。

本書のテーマは、部下の市場価値をなくしてしまう上司とは、どのような上司か?というものだ。
… 以上まえがきより抜粋

シリーズ一覧