mibon

mibon 電子書籍 ビジネス・資格 政治・経済

自宅ショップ失敗しました。手作り雑貨に夢をみた主婦たちの物語。(電子書籍)

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
自宅ショップ失敗しました。手作り雑貨に夢をみた主婦たちの物語。

自宅ショップ失敗しました。手作り雑貨に夢をみた主婦たちの物語。

安藤圭子 / MBビジネス研究班

323円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 まんがびと
レーベル
発売日 2015年07月31日

999チケット対象外

作品詳細

10分で読めるミニ書籍です(文章量13,000文字程度=紙の書籍の26ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。
自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。
是非、お試しください。

書籍説明

これから自宅ショップを始めようと思っている人、現在、自宅ショップを運営している人。
本書は、あなたの本です。
ビジネスとしては軌道に乗っていた2つのショップがなぜ閉店したのでしょうか?
それは大きなヒントをくれる小さな物語です。

まえがきより抜粋

はじまりは、自宅のリビング。
九州地方に住むまいこさん(37歳)は、5年前の春、自宅の一角で手作り雑貨と古道具の店を始めた。
当時、子どもは3歳と1歳。
「まわりは、車がないとどこにも行けないような田舎の町。
のんびりしてて良いところなんですけど、働く所がないんですよ。
で、近所のママ友が子どもを連れてよく家に遊びに来てたんですけど、
ある日、ママ友の一人が、手芸がすごく上手だっていうことが分かって、
みんなで教えてもらうことにしたんです」
後から振り返ると、それが出発点だった。

「子どもが小さいのにすごいね、って言われるんですけど、
私は他に趣味もないし、家の中が気持ち良く片付いて好きな雑貨を飾ってると、
それだけでストレス解消になるんですよ。
しかも、人から褒めてもらえる。
嬉しくなって、いつも誰かを家に呼んでました」
そうして、手芸教室の場所として、まいこさんは喜んで自宅のリビングを提… 以上まえがきより抜粋

シリーズ一覧