mibon

mibon 電子書籍 ビジネス・資格 ビジネス書

作文が苦手な人におすすめの〈ささやかな〉文章の書き方。卒論、プレゼン、メール作成に。(電子書籍)

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
作文が苦手な人におすすめの〈ささやかな〉文章の書き方。卒論、プレゼン、メール作成に。

作文が苦手な人におすすめの〈ささやかな〉文章の書き方。卒論、プレゼン、メール作成に。

篁龍樹 / MBビジネス研究班

329円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 まんがびと
レーベル
発売日 2017年01月04日

999チケット対象外

作品詳細

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)


【書籍説明】
「作文がほとんどの小学生は大嫌いです」
ちょっとイラッとするような、通じにくい文です。
小学生はみんな作文が嫌いだと言いたいのですが、サラリと読むと、「作文が生活のほとんどを占めているような小学生を私は嫌いだ」と言っているように取れなくもありません。文章というのは、ちょっとひっかかると、迷ってイライラして、あとを読む気がなくなってしまうものです。
この文の場合、「ほとんどの小学生は作文が大嫌いです」とすれば迷いがなくなります。ちょっとしたことですが、この積み重ねで文章が壊れていくのです。
私は国語の教師でも言語学の専門家でもありません。世にあまたある「文章読本」の類をまとめられるほどの達人でもありません。ただ、長年の編集者生活の中で、首をひねったり、イライラする文章は山ほど見てきましたし、自分自身も、ひどい文章を書いて怒られてきました。そんな経験から、ほんの少しの気配りで「迷わない」文章の作り方は知っているつもりです。それをご紹介いたします。

【目次】
日本人は読書感想文が苦手
ズルい読書感想文の書き方
「書き出し」がそのまま「タイトル」に
日本人は七五調が大好き
ストレートな「書き出し」
名著「日本語の作文技術」との出会い
長い修飾語は前に、短い修飾語は後に
難しい読点(、)の打ち方
まとめ

【著者紹介】
篁龍樹 (タカムラリュウジュ)
学習院大学法学部卒業後、出版社勤務。美容、伝統文… 以上まえがきより抜粋

シリーズ一覧