mibon

mibon 電子書籍 ビジネス・資格 ビジネス書

新聞記者が教えるブロガーこそ新聞を読むべき理由。(電子書籍)

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
新聞記者が教えるブロガーこそ新聞を読むべき理由。

新聞記者が教えるブロガーこそ新聞を読むべき理由。

高田泰 / MBビジネス研究班

329円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 まんがびと
レーベル
発売日 2016年03月25日

999チケット対象外

作品詳細

さっと読めるミニ書籍です(文章量11,000文字以上 12,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の22ページ程度)

【書籍説明】
ブロガーのみなさんは今、新聞にどんなイメージをお持ちだろうか。
満員電車で新聞を広げる迷惑なおじさん、紋切り型で古くさいニュースの切り口、意図的に操作された情報、高齢者専用のメディア…。
若い人ならきっとこんな悪いイメージを持つだろうか。昭和の父親像は朝食時に新聞を広げる姿が定番だったが、
そんな姿を見たことがない人さえいるかもしれない。
かつて新聞はニュースを伝え、家庭や地域、職場で会話のネタ元になっていた。
だが、子供のころからインターネットと親しんできた世代に、
パリの同時多発テロや東芝の不正会計問題といった大ニュースを新聞で知った人は、まずいないだろう。
ニュースの背景を知りたいときでも、新聞をめくって関連記事を探すより、ネットで検索する方が手っ取り早い。
リンクをたどればウィキペディアや動画ニュースにすぐつながるほか、さまざまなサイトから多種多様な意見を目にすることができる。
ネタをストックするには、スクラップという面倒な手作業をしなくても、SNSで収集した情報をエバーノートに記録しておけばいい。
自分の意見を発信し、議論することもお手の物だ。それに比べ、新聞は大スクープが減り、弱体化してしまったように見える。
しかも、新聞代は毎月数千円。表面だけをとらえれば新聞に勝ち目がないように思えるが、それでもブロガーが読むべきものは新聞なのだ。

【著者紹介】
高田泰(タカダタイ)
一九五九年、徳… 以上まえがきより抜粋

シリーズ一覧