mibon

mibon 電子書籍 小説・文学 ミステリー

孤狼の血(電子書籍)

mibonフェスティバル 毎日ポイントプレゼント(8/18分) 先着2000名様!30ポイントGET♪
8/18限定 mibonコード BAXD

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
孤狼の血

2018年5月 映画『孤狼の血』公開 出演:役所広司・松坂桃李・江口洋介/【書店員オススメ】最高に面白い警察小説。格好いい!痺れる!広島弁、ヤクザの口調が凄く雰囲気盛り上げます。惚れる本です

孤狼の血

柚月裕子

821円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 KADOKAWA / 角川書店
レーベル 角川文庫
発売日 2017年08月25日

999チケット対象外

作品詳細

常識外れのマル暴刑事と極道の、プライドを賭けた戦い。作家、マスコミほか多くの賞賛を集めた、圧巻の警察小説。

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが……。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていく――。

【書店員 コメント】
直属の上司は大上。通称ガミさん。数々の表彰歴と処分歴を持つ、マル暴で有名な刑事。
大上は服装も言葉遣いも振る舞いも仕事の流儀もヤクザのよう。日岡にブレずに己を見せつける。違法行為であろうが証拠を掴むためには何でもやる。
「上早稲失踪事件」を追ううちに、加古村組の口の堅さが事の大きさを表していると気づく大上。
事件解決へと動き出すタイミングで加古村組と尾谷組のいざこざが起きる。加古村組はバックに五十子会がおり、全面抗争に発展すると一般市民にまで被害が及ぶので、それだけは避けなければならない。
裏社会に顔が利き、組長とも渡り合えるのは大上しかいないのだが・・・
まさかの展開がいくつもあり、最後までドキドキハラハラします。
大上の正義とは何なのか?日岡にその意思は伝わるか?そこが一番感動するところでした。

孤狼の血の電子書籍ならmibonにおまかせください!レーベルの本、出版社の本、新刊コミックなどを手軽に読むことができる電子書籍サービスです。

選べる! 読み方について

一度ダウンロードした本はオフラインでどこでもお読みいただけます。
mibonアプリ (無料) のダウンロードが必要になります。

そのままブラウザですぐにお読みいただけます。
ブラウザで読む際の動作環境はこちらをご確認ください。

孤狼の血の電子書籍 よくある質問

孤狼の血を電子書籍で購入した場合は、どれくらいで読むことが可能ですか?
mibon電子書籍で孤狼の血をご購入いただいた場合、購入後すぐに読むことが可能です。
孤狼の血を電子書籍で購入したら、どんな環境で読むことができますか?
mibon電子書籍で孤狼の血は、mibonアプリで読むことが可能です。また、この本はブラウザで読むこともできます。