mibon

mibon 電子書籍 雑誌 その他雑誌

月刊激流 2019年12月号(電子書籍)

商品詳細

この商品は999チケット対象外です。

999チケットとは?
月刊激流  2019年12月号

月刊激流 2019年12月号 〔ドン・キホーテ 揺れる王国〕

激流編集部

980円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 国際商業出版(雑誌)
レーベル
発売日 2019年11月10日

999チケット対象外

作品詳細

特集 ドン・キホーテ 揺れる王国

■成長の原動力が空回りし始め現場力喪失の危機

■業績分析・・ユニー完全子会社化で高まる低収益化の懸念

■業態戦略・・雑貨店から上り詰め遂に迎えるGMS活性化の本番
 ●ドン・キホーテ・・客層に合わせた店作りで見えてくる若者離れの必然
 ●UDリテール・・新客獲得の成果を得たが、馴染み客離脱の現象も出始めた
 ●ユニー・・急ピッチで進むドンキ流改革を阻む人材の壁

■海外事業・・社名も変更、環太平洋地域での事業展開に意欲を示す
 ●シンガポール・・食のエンタメが抱える集客力と廃棄ロスの諸刃の刃
 ●タイ・・入場規制の大入りから一転、差別化欠如で急失速
 ●香港・・1号店で見せた食品依存の集客力はどこまで通用するか

■インバウンド・・夜の遊び場と総合力で増収継続に水を差す日韓関係の悪化
■デジタル・・自前から協業に舵を切り新成長戦略の青写真を描く
■小型店開発・・大型店の成功体験を捨て縮小版からの脱皮が不可欠
■PPIH組織図



■特別レポート
消費増税の姑息な対策でデフレ脱却は遠のくばかり

■激流レポート
世界の豚肉需給が逼迫するアフリカ豚コレラの脅威

■この人に聞く
イオン 岡田 卓也 名誉会長相談役
いかに世の中の役に立つかは企業経営不変のテーマだ

■流通トピックス
●マツキヨを射止めたココカラ両天秤外交の裏事情
●ずさんな登録基準を露呈したポイント還元事業
●無人店舗への過大な期待に警鐘を鳴らす中国の実情
●「三重苦」に「五輪の逆風」インバウンド頼みの百貨店に試練
●再度の大幅人員削減に挑むセブン&アイHDの危機感

■決算分析(2020年2月期中間)
● 総合スーパー
・増税後の環境変化が迫る構造改革の断行

●コンビニエンスストア
・新規加盟店獲得から既存店強化に軸足を移す



■HACCP制度化対応待ったなし
●衛生管理を“見える化”するPDCAの回し方

■サラヤ  「GRASP−HACCP」
・温度記録のクラウド管理で現場と本部の作業負担を軽減

■大幸薬品
・薫蒸タイプの二酸化塩素製品で空間除菌とコスト削減を実現



■最新店舗情報
●西友東長崎店
・都心の駅隣接立地を生かしたスピードショッピング対応店舗


■バイヤーズ・アイ マルエツ 「和日配」
商品本部日配食品部 チーフマーチャンダイザー 高島 龍平
・コーナー化とPOPで健康の発信力を高める

■ドラッグストア最前線
マツモトキヨシHD 海外出店(タイ)
・日本ブランドで都会の高所得者市場を攻める

■第5回 キャッシュレス決済の今を追う
・ポイント還元開始から一カ月、初動に見る各業種の明暗

■第3回 食品ロスはこうして減らす「フローレンス」
・生活困窮世帯と企業を結ぶこども宅食の存在感が高まる

■第5回 オムニチャネルの現場をたずねる「FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)」(前編)
・高リピート率を実現したオーダースーツのD2Cモデル


■海外情報
●米国
・米国版100円ショップがオムニチャネル化を推進

●香港
・カルチャーやアートを訴求したショッピングセンターが登場

●欧州
・ディスカウント新業態でコストコに対抗するカルフール

シリーズ一覧

月刊激流 2020年8月号の電子書籍ならmibonにおまかせください!レーベルの本、出版社の本、新刊コミックなどを手軽に読むことができる電子書籍サービスです。

選べる! 読み方について

一度ダウンロードした本はオフラインでどこでもお読みいただけます。
mibonアプリ (無料) のダウンロードが必要になります。

そのままブラウザですぐにお読みいただけます。
ブラウザで読む際の動作環境はこちらをご確認ください。

月刊激流 2019年12月号の電子書籍 よくある質問

月刊激流 2019年12月号を電子書籍で購入した場合は、どれくらいで読むことが可能ですか?
mibon電子書籍で月刊激流 2019年12月号をご購入いただいた場合、購入後すぐに読むことが可能です。
月刊激流 2019年12月号を電子書籍で購入したら、どんな環境で読むことができますか?
mibon電子書籍で月刊激流 2019年12月号は、mibonアプリで読むことが可能です。また、この本はブラウザで読むこともできます。