mibon 電子書籍 小説・文学 文学

多層性のレッスン(電子書籍)

商品詳細

多層性のレッスン

多層性のレッスン ―絵本・幼年童話・児童文学を通して考える―

奥山恵

1,100円(税込)

種別:電子書籍 (文芸/その他)

出版社 りょうゆう出版
レーベル
発売日 2022年05月13日

作品詳細

児童文学評論家で子どもの本専門店「Huckleberry Books(ハックルベリーブックス)」を営む奥山恵氏による、絵本、幼年童話、児童文学を広く論じた評論集。
2011年の東日本大震災を契機に社会は様々な変化を遂げました。本書は、その変化を「レイヤー(層)」という視点でとらえ直し、絵本・幼年童話・児童文学の世界を新たに読み直したものです。
子どもの本の専門店を営む中で、圧倒されるほどに多種多様な本と、来店する同じく多様な読者との結びつきを「レイヤー(層)」の重なりや関係性という点でとらえ、絵本や児童文学の具体的な作品を論じた「多層性のレッスン」は、2012年末から2013年にかけて、月刊誌『こどもの本』(日本児童図書出版協会)に連載されました。連載当時から、絵本、児童文学の分野に新しい視点、切り口を提案するものと注目されましたが、このたび再読したいという声に応えて、電子書籍という形で刊行することにいたしました。

【目次より】
はじめに
第一章 赤ちゃん絵本というレイヤー
第二章 子どもはなぜ恐竜絵本が好きか?
第三章 「バムとケロ」シリーズ、「人気」のひみつ
第四章 絵本、本の絵、その営み
第五章 コラボレートへの信頼
第六章 小さな文字の大きな力
第七章 「帯」への違和感
第八章 「役に立つ」問いに抗って
第九章 時差という希望
第十章 一人になって考える場所
第十一章 ファンタジーの孤独
第十二章 迷路の時代に
おわりに

【取り上げている主な作品】
『ぴょーん』(まつおかたつひで/作・絵)
『恐竜トリケラトプスとウミガメのしま』(黒川みつひろ /作・絵)
『バムとケロのにちようび』(島田ゆか/作・絵)
『せとうちたいこさん デパートいきタイ』(長野ヒデ子/さく)
『ヒットラーのむすめ』(ジャッキー・フレンチ/作 さくま ゆみこ/訳 北見葉胡/絵)
『天使のかいかた』(なかがわちひろ/作)
『祈祷師の娘』(中脇初枝/作 卯月みゆき/画)
『おともださにナリマ小』(たかどのほうこ/作 にしむらあつこ/絵)
『園芸少年』(魚住直子/著)
『僕は、そして僕たちはどう生きるか』(梨木香歩/著)
『かはたれ』(朽木祥/作 山内ふじ江/画)
『時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで』(香川元太郎/作・絵) ほか

本書は『こどもの本』(日本児童図書出版協会・刊)の2012年11月号から2013年10月号に連載された「多層性のレッスン」に加筆修正し、さらに「はじめに」「おわりに」を加えたものです。

おすすめ・特集

多層性のレッスンの電子書籍ならmibonにおまかせください!レーベルの本、出版社の本、新刊コミックなどを手軽に読むことができる電子書籍サービスです。

選べる! 読み方について

一度ダウンロードした本はオフラインでどこでもお読みいただけます。
boook-in-the-box (無料) のダウンロードが必要です。

そのままブラウザですぐにお読みいただけます。
ブラウザで読む際の動作環境はこちらをご確認ください。

多層性のレッスンの電子書籍 よくある質問

多層性のレッスンを電子書籍で購入した場合は、どれくらいで読むことが可能ですか?
mibon電子書籍で多層性のレッスンをご購入いただいた場合、購入後すぐに読むことが可能です。
多層性のレッスンを電子書籍で購入したら、どんな環境で読むことができますか?
mibon電子書籍で多層性のレッスンは、mibonアプリで読むことが可能です。また、この本はブラウザで読むこともできます。