小説・文学/文学 新着・話題の本(11671冊中 1-20件)

作品詳細

コロナ禍で過去最高利益を達成し、全社員の給料を上げた理由とは?

続きを見る

作品詳細

エレインの知り合いが名前も知らぬ男から脅迫を受けていた。老スカダーは単独で調査を始める……

続きを見る

作品詳細

憎らしいほどハンサムなプレイボーイと恋に落ちてしまったら――世界に名の知れる大富豪の娘アメリア。華やかな世界のなかで孤独を抱えてきたが……

続きを見る

作品詳細

故郷に戻り、刺激の少ない毎日に退屈していたブライス。危険な香りのするダッシュと知り合うが……

続きを見る

作品詳細

巨匠ハンターが描く傑作エスピオナージュ

続きを見る

作品詳細

大手マスメディアが採り上げないマンガ界の現状を伝え、論点を整理するミニコミ誌の電子版!表紙とロングインタビューは画業60周年を迎えたバロン吉元先生。今号も激論!

続きを見る

作品詳細

大手マスメディアが採り上げないマンガ界の現状を伝え、論点を整理するミニコミ誌の電子版!自己プロデュースを行っているマンガ家、徳光康之さんと森田崇さんを直撃!今号も激論!

続きを見る

作品詳細

大手マスメディアが採り上げないマンガ界の現状を伝え、論点を整理するミニコミ誌の電子版!シャルリー・エブド事件直後の号であり、当時の記録としても貴重!今号も激論!

続きを見る

作品詳細

堕落した貴族社会で、人間の愚かさ、滑稽さを描いた「風刺文学」として
『源氏物語』を捉えると――。
現代を生きる私たちにも通じる、隠されたテーマを見出した画期的評論。

続きを見る

作品詳細

「日本語で話をしない方がいい。皆、日本人を嫌っているから」――中華民国初期の内戦最前線を行く「南方紀行」、名作「星」など運命のすれ違いを描く九篇

続きを見る

作品詳細

廃墟に響く幽霊の声「なぜもっと早くいらっしゃらない?」。台湾でブームを呼ぶ表題作等百年前の台湾旅行に想を得た今こそ新しい九篇。文庫オリジナル。

続きを見る

作品詳細

さまざまな偉人たちの格言を、英語と日本語で紹介する1冊。モチベーションを上げるような名言を、5つのカテゴリに分けて紹介しています。余計な解説はづけず、和文→英文→カタカナ読み→偉人の名前と肩書という流れ構成。日本語だけでなく英語で読むことでその意味がより深く理解できるほか、英語の表現力をつける勉強になります。

続きを見る

作品詳細

岩倉具視の娘に生まれ、ブラームスに箏を弾じた「戸田伯爵夫人極子」の知られざる歴史。最後の大垣藩主・戸田氏共に嫁ぎ、日本の西洋化や外交を支えた極子。
明治期に海を渡った女子留学生たちの奮闘を背景に、戸田伯爵夫人の波瀾に満ちた生涯を鮮やかに描く。

続きを見る

作品詳細

世界中を旅した気分になれる一冊!

続きを見る

作品詳細

僕が旅立ちたいわけは、だがあんまり災難が多いからだ――上海、マレー半島、インドネシア、パリ。『マレー蘭印紀行』『どくろ杯』等にも綴られた詩人と妻の計画も希望もない四年に及ぶ放浪の旅を、本人たちへのインタビュー、その旅に魅せられた21人のエッセイで辿る。全集月報ほか単行本未収録作品多数。文庫オリジナル

続きを見る

作品詳細

事実の忠実なる記録であらねばならない、一行の嘘をも書くまい――。一九四四年九月、三十三歳で横須賀海兵団に入団してから四五年八月に復員するまでの日記を、作家は上官の目を盗み、小さな手帳に書き付けた。それを基に自ら詳細な註釈と補遺を付し、当時の書簡を収めた、敗戦間近の海軍の貴重なドキュメント。初文庫化。〈解説〉平山周吉

続きを見る

Red Vanilla

新着

Red Vanilla

著者:葛生みもざ

作品詳細

「今度いつ来る?君と話がしたいんだ」
彼に見つめられた瞬間、ふわりとおちてゆく自分がわかった。

続きを見る

11671冊中[1~20件を表示]