mibon

小説・文学/文学 新着・話題の本(8851冊中 1-20件)

作品詳細

北原白秋をめぐる三人の妻を描いた長編小説。

続きを見る

作品詳細

六〇年安保に火をつけた男の全生涯。

続きを見る

作品詳細

「ミステリの女王」アガサ・クリスティーはまた「観光の女王」でもあった。その生涯を「ミステリ」と「観光」を軸に追いながら大英帝国の二十世紀を描き出す。

続きを見る

作品詳細

1700年代の時点で西洋画をマスターし、遠近法をいち早く取り入れるとともに油絵・銅版画の技法を日本で最初に確立した天才画家。さらに、地動説を我が国で初めて紹介した科学者でもあり、ドナルド・キーン氏も絶賛する『旅日記』を著した文筆家。そんな大天才・司馬江漢は、奇行を繰り返しては周囲の人々を混乱に陥れる、稀代の「変人」でもあった。まさしく「江戸のダ・ヴィンチ」とでも呼ぶべき司馬江漢だが、生前の活躍と知名度に反して、今日ではほとんど知られることのない人物になってしまっている。本書は、そんな江漢に関する種々の記録を丹念に読み解き、没後200年にあたる2018年というタイミングで、その破天荒な生涯の全体像を描き出そうと試みた一冊である。彼が遺した絵画のみならず、スケッチや科学的メモなども選り抜いて掲載した、評伝の傑作。

続きを見る

作品詳細

幕末激動の時代。揺れ動く徳川将軍家の妻となった二人の女性、天璋院と和宮。彼女たちの波瀾万丈の人生と活躍を描いた歴史小説。

続きを見る

作品詳細

時勢に応じて自分を変革「仕事力」「行動力」「人間力」「人生観」「夢を実現する方法」今こそ「龍馬スピリット」に目覚めよ!

続きを見る

菜根譚

新着

菜根譚

著者:洪自誠 / 今井宇三郎

作品詳細

「人よく菜根を咬みえば,則ち百事なすべし」.菜根は堅くて筋が多い,これをかみしめてこそものの真の味わいがわかる.明代末期に三教(儒仏道)兼修の士洪自誠が自身の人生体験を基にかみしめて味わうべき人生の哲理を簡潔な語録の形に著わした.本文庫版には注に解説に校注者の研究水準の高さが充分に盛り込まれている.

続きを見る

作品詳細

不実な2人の娘に裏切られ,狂気に陥りあらしの荒野をさまようリア.シェイクスピア劇中最も壮大にして残酷な悲劇を新訳で.

続きを見る

作品詳細

東アジアの都市遍歴という視点でたどる評伝.その作品が東アジア共通のモダンクラシックとして受容されてきたことを明らかにする.

続きを見る

作品詳細

嶽神伝シリーズの真骨頂。山の民〈南稜七ツ家〉の二ツの物語。戦国の闇を舞台に縦横無尽にくり拡げられる長篇時代小説の傑作!

続きを見る

作品詳細

名句(芭蕉・蕪村・一茶)をコミックイラストとパロッ句コミッ句で楽しむ珍刊本!

続きを見る

作品詳細

皆さんは“太宰治”という人を知っているでしょうか?

少しくらい名前を聞いたことはあるでしょうか?

太宰治という人は文学作家であり、明治42年に青森県北津軽郡金木村という所で生まれ(青森県の1番端っこの北の方です)、その後、昭和23年に亡くなるまで、ずっと昭和の文豪として活躍し続けてきたベストセラー作家にまでなった人です。

半世紀以上が過ぎた現代でもこの太宰人気が衰えないどころか… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

2000年創刊の日本語・タイ語3言語併記の月刊誌。現地取材に基づいたタイ国内情報のほか、日本にいながら楽しめるタイ料理やタイ古式マッサージ、タイミュージックなど、タイの文化を紹介しています。日本人とタイ人が共同で取材・制作しているため、両者の視点で切り取られたコラムやニュースには独自の世界が広がり、日本で暮らすタイ人にも愛される内容となっています。

続きを見る

8851冊中[1~20件を表示]