mibon

小説・文学/ノンフィクション 新着・話題の本(7808冊中 1-20件)

作品詳細

知られざる大改革によって過去の因習を排した天皇、美智子皇后の真意は。皇位を受け継ぐ皇太子、雅子妃の目指すもの、秋篠宮家の変容

続きを見る

作品詳細

日本を操り、戦争に駆り立てたのは誰か?明治維新から続く歴史の闇を暴く!!

続きを見る

作品詳細

六〇年安保に火をつけた男の全生涯。

続きを見る

作品詳細

「聞き書き」などユニークな取り組みで、豊かな介護を実現した施設のノンフィクション。

続きを見る

作品詳細

兵器開発の最前線に立った元米軍将校が、「遠くない未来」に向けて放つ警告の書。

続きを見る

作品詳細

昭和の芸能事件が蘇る骨太ノンフィクション。

続きを見る

作品詳細

年商900億円。国内外1000店舗。既存店売上、対前年比100%以上を40カ月以上達成。うどん業界ダントツ1位の驚異的仕事術。「常識」をことごとくひっくり返し、売れ続ける。その秘密が、この本でわかります。

続きを見る

作品詳細

「もっとやれることがあった」と後悔しないために。互いに不幸にならないように、子どもが覚えておきたい39のこと。

続きを見る

作品詳細

貧困、病気、教育の不足、女性の地位の低さ、レイプなど、難民の現実は厳しい! でも、また行きたくなる不思議な魅力がある。日本と世界の見方が変わります。

続きを見る

作品詳細

北原白秋をめぐる三人の妻を描いた長編小説。

続きを見る

作品詳細

過酷な現場に潜入労働ルポ!

続きを見る

作品詳細

シリア、イエメンなど中東で頻発する虐殺や弾圧、それから逃れる大量の難民、欧米で繰り返されるテロなどの問題に対して有効な手立てを失った国際社会。その背景には、アメリカ、EU、国連、領域国民国家、西欧啓蒙思想など、第二次大戦後の世界の安定を担ってきたシステムと秩序の崩壊という現実がある。この崩壊過程の末には何があるのか? トルコを中心としたスンナ派イスラーム世界の動向と、ロシア、中国といった新たな「帝国」の勃興を見据え、展望を解説する。現代の“限界”の理由を概観し、文明の衝突を超え、日本はどうあるべきかを考えるための、現代史講義。

続きを見る

作品詳細

首都圏の住み慣れた自宅を引き払い、これまでの生活をリセットして東京近郊の高原へと移住した著者は、それをきっかけに、今までとは違った眼差しで世界や同時代を眺めるようになった。慣れない土いじりや野菜作りに精を出していると、悲喜こもごもの思い出が、やさしい風や、やわらかな雨のように心を撫でていく。今は亡き、母、父、息子、叔父、先生、友達。今なら言える。すべての愛すべき人たちの思い出こそが私の故郷であり、私の先生だったのだと――。初めての「田舎暮らしエッセイ」という器に載せて、これまでになく素直な気持ちで来し方行く末を存分に綴った、姜尚中流の”林住記”。累計130万部の、『悩む力』シリーズ第3弾。

続きを見る

作品詳細

1700年代の時点で西洋画をマスターし、遠近法をいち早く取り入れるとともに油絵・銅版画の技法を日本で最初に確立した天才画家。さらに、地動説を我が国で初めて紹介した科学者でもあり、ドナルド・キーン氏も絶賛する『旅日記』を著した文筆家。そんな大天才・司馬江漢は、奇行を繰り返しては周囲の人々を混乱に陥れる、稀代の「変人」でもあった。まさしく「江戸のダ・ヴィンチ」とでも呼ぶべき司馬江漢だが、生前の活躍と知名度に反して、今日ではほとんど知られることのない人物になってしまっている。本書は、そんな江漢に関する種々の記録を丹念に読み解き、没後200年にあたる2018年というタイミングで、その破天荒な生涯の全体像を描き出そうと試みた一冊である。彼が遺した絵画のみならず、スケッチや科学的メモなども選り抜いて掲載した、評伝の傑作。

続きを見る

作品詳細

2013年、天皇皇后と水俣病患者の歴史的な対話が実現。背景には、皇后美智子と石牟礼道子、二人の「みちこ」の魂の交感があった。

続きを見る

作品詳細

当事者でもないのに、なぜこれほど居丈高になれるのか? 日本に蔓延する「正義」という名の共同幻想を撃つ!

続きを見る

作品詳細

自ら実践する「シンプルな生き方」が累計250万部を超えるベストセラーに。情報が氾濫する今、レトロが上質に生きるヒントです

続きを見る

作品詳細

合法的に人を殺すことのできるバウンティーハンター。日本人には馴染みのない職業だからこそ、もっと知りたくなる!

続きを見る

7808冊中[1~20件を表示]