mibon

小説・文学/ノンフィクション 新着・話題の本(9705冊中 1-20件)

作品詳細

あの「後妻業殺人犯」の獄中告白。

続きを見る

作品詳細

混血孤児を救ったエリザベス・サンダース・ホーム創設者の愛と情熱と波乱の物語!

続きを見る

作品詳細

葬儀社社員、納棺師、エンバーマー、火葬場職員……。「死」と向き合うプロたちの姿。

続きを見る

作品詳細

25年の凄絶人生を、完全書籍化!

続きを見る

作品詳細

1856年、英領ギアナで印刷された切手。その価値はコレクターの間で跳ね上がり……。世界に一枚しかないとされる切手と、それをめぐる人々の数奇な運命と情熱を描く、傑作ノンフィクション。

続きを見る

作品詳細

4度の特攻を生き延びた男は、あの空で何を見たのか? 『証言 零戦』シリーズ第4弾!

続きを見る

作品詳細

AI(人工知能)とイスラム教の共通性。デジタル毛沢東主義と監視社会。「新たなる帝国」と「新しい中世」の到来。来るべき“明るくない”未来を見定める。人類は、世界は、どこに向かうのか?

続きを見る

作品詳細

「この社会は男性が作ったものです」。そこに生きているすべての女性たちへ。女性を撮影し続ける当代一の写真家が「女性とはなにか」を解き明かします。女性同士が群れる理由は? 母親が娘にかける呪いとは? 女性が浴びる成長の洗礼とは? 女性はなぜ女性を裁くのか? そして、なぜ男性はイヤなおじさんになるのか? ……など日々モヤっと感じていたことに下村氏が痛快に解説。さまざま納得がいく、じっくり考えたくなる、女性でいることに自信がわいてくる。日本中のウーマンに、ウーマンと生きる男性たちに。稀代の耽美派写真家・下村一喜氏が贈る衝撃的女性論!

続きを見る

作品詳細

玉砕、飢餓、処刑──太平洋各地で旧日本軍兵士を中心とする約400体の遺骨を鑑定してきた人類学者は何を見たのか。遺骨発掘調査の最前線からレポートする。

続きを見る

作品詳細

『ポケモン GO』のゲームディレクター野村達雄氏が『ポケモン GO』開発に至るまでの半生に迫る自伝。

続きを見る

作品詳細

戦前右翼、反米から親米への転換、政治や暴力組織との融合、新右翼、宗教右派、そしてネット右翼・・・。戦後右翼の変遷をたどる。

続きを見る

作品詳細

毎日ヘトヘトに疲れるツアー旅行には、もううんざり。自由気ままに、人々の生活が根ざす場をたどる「極上のおとな旅」15選。

続きを見る

作品詳細

「今そこにあるテロ」の現場を歩き、事件の歴史的・社会的背景を探るとともにジハーディストたちの真の姿に迫った戦慄のルポ!

続きを見る

9705冊中[1~20件を表示]