mibon

小説・文学/雑学 新着・話題の本(2726冊中 1-20件)

作品詳細

「頭がよい」という言葉は、日常的によく使われる。しかし、実際にその基準はどこにあるのだろうか。偏差値が高い、学校の勉強ができる……それが頭がよいということと、必ずしも同一でないのは、もはや自明になっている。では本当の意味で、頭がよいとは何だろうか? 本書は、柔軟な発想やひらめきを必要とする名作パズル、難問・奇問を紹介しつつ、「天才」たちのエピソード、知能(IQ)をめぐるさまざまな事象などに触れ、「頭がよい」とは何か、どうすれば頭がよくなるのかを探っていく。

続きを見る

作品詳細

「時間の流れ」は一定ではなかった? 「1秒の長さ」はどうやって決めるの? 時間に関する“素朴な疑問”に答える科学雑学の決定版!

続きを見る

作品詳細

パラレルワールドに、量子テレポーテーション。アインシュタインが認めなかった量子力学、その謎に迫るミステリーがここに!

続きを見る

作品詳細

世界最先端の原子力技術をもつ日本は、核兵器を完成させるまで何年かかるのか? 核兵器の仕組みから作り方の実際までを詳説する。

続きを見る

作品詳細

定番ギャグ「バナナの皮すべり」はどのように生まれたのか? マンガ、映画、文学……あらゆるメディアを調べつくす。

続きを見る

作品詳細

なぜ領収書の宛名は「上様」でもいいのか? 年越しにそばを食べる理由など、日本人の習慣・行動にまつわる素朴な疑問をこだわり調査。

続きを見る

作品詳細

愛、家族、感情移入、仕事、時間、お金、信念、創造性、死生観など、真剣に解明すべき人生の問題にぶつかったとき、わたしたちはどのように生きるべきだろうか。大昔から現在に至るまで繰り返されてきた問い…だからこそ、いたずらに思い悩む必要はない。わたしたちにはその解決の手がかかりとなる「歴史」がある。異なる時代や文化のなかで人々がどのように知恵をしぼって生きてきたのか、実践の結果をふり返り、教訓とすることができる。
人生を力強く刺激的により良く生きるために、本書を片手に私たちの「生活の発見」を始めよう。

続きを見る

作品詳細

スローセックスとは「時間にとらわれずに、心身ともに満たされる最高のセックス」のこと。ふたりの愛を深めるレッスン書です。

続きを見る

作品詳細

江戸時代の堂島米会所から明治期の取引所設立、戦後の証券市場復興とバブル期の隆盛まで、「証券市場の歴史」決定版! 将軍さえも思いどおりにできなかった米市場の実態や、明治維新後の動乱期に証券所設立のために協力した渋沢栄一、今村清之介、田中糸平らの生涯。戦後のGHQとの証券市場復活交渉における秘話や、バブル期のエネルギーあふれる市場の活況まで。豊富なカラー図版入り。

続きを見る

2726冊中[1~20件を表示]