mibon

小説・文学/歴史・時代 ランキング トップ20

mibon 電子書籍 はスマートフォン/タブレット専用の電子書籍ストアです。
購入された電子書籍を読むには iOSまたは Androidを搭載した端末と無料アプリが必要です。

詳しくはこちら

1位
伊賀忍法帖 山田風太郎忍法帖(3)

伊賀忍法帖 山田風太郎忍法帖(3)

著者:山田風太郎

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

戦国の魔王松永弾正、己が邪恋を成就せんと、妖術師果心居士の弟子・根来忍法僧に数千の美女狩をさせた。伊賀忍者笛吹城太郎の妻・篝火もまたその贄となって果…

続きを見る

2位
隠密 味見方同心(八) ふふふの麩

最新刊

隠密 味見方同心(八) ふふふの麩

著者:風野真知雄

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

江戸の味を知り尽くした、あの人気料理人も驚愕の面白さ。「料理は無限である。読む程に空想の味を再現したくなった」―つきぢ田村三代 田村隆。僧侶となって正…

続きを見る

3位
【期間限定価格】忍びの女(上)

新着

【期間限定価格】忍びの女(上)

著者:池波正太郎

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

豊臣家の猛将・福島正則の前に現れた徳川方の女忍者・小たまは、正則を籠絡し、巧みに城内に入り込んだ。探索をはじめた小たまは、武辺一方の正則を次第に愛し…

続きを見る

4位

作品詳細

大名の配置に秘められた秀吉の政権構想を解説! 政権の安定化を目指した秀吉は、直臣を重要拠点に集め集権化を図る一方、家康ら有力大名を危険視し、国替えに…

続きを見る

5位
忠臣蔵 (二) 大義の計画

忠臣蔵 (二) 大義の計画

著者:森村誠一

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

元禄十四年三月十四日、赤穂城主浅野内匠頭は、殿中松の廊下において吉良上野介に刃傷を仕掛けた。平和を重んじる綱吉は激怒し、内匠頭は即日切腹、城地も没収…

続きを見る

6位
新 武田戦記 一

新 武田戦記 一

著者:河丸裕次郎

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

武田勝頼、死す! 御館の乱救援の最中、武田家は当主を失ってしまった。そこで元服前の嫡男・武王丸を総領にすえ、武田信勝と名乗らせる。奇しくもそれは信玄公…

続きを見る

7位
四十八人目の忠臣

四十八人目の忠臣

著者:諸田玲子

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

赤穂浅野家に仕えるきよは浅草小町と謳われる美女。当主内匠頭(たくみのかみ)の寵臣礒貝十郎佐衛門と、夫婦の約束をしている。だが、内匠頭が吉良上野介を殿…

続きを見る

8位
暁の旭日旗 青島潜水艦基地潰滅作戦

暁の旭日旗 青島潜水艦基地潰滅作戦

著者:安芸一穂

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

1943年9月、ソ連海軍は、ドイツより接収したUボートを投入し、無制限通商破壊戦(赤狼作戦)を展開。日米韓の危機に、連合艦隊は、ソ連潜水艦基地を破壊すべく…

続きを見る

9位
怪談 累ヶ淵

怪談 累ヶ淵

著者:柴田錬三郎

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

旗本小普請組の深谷新左衛門は、鍼医で高利貸しの安川宗順への借金返済に窮し、妻を抱かせた。それを、嫡男新一郎に見られ、逆上した彼は宗順を斬殺。その後、…

続きを見る

10位
蓮花の散る つなぎの時蔵覚書3

蓮花の散る つなぎの時蔵覚書3

著者:松乃藍

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

蓮の花が咲き始める季節、武州秋津藩十二万石の江戸藩邸で鬼役が死んだ。幼君千太郎の食事を毒味した直後である。誰が?何の目的で毒を? 家老鎌田は直ちに全…

続きを見る

11位
水滸伝 十八 乾坤の章

水滸伝 十八 乾坤の章

著者:北方謙三

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

童貫(どうかん)軍の猛攻撃が始まった。呼延灼(こえんしゃく)は秘策をもってそれを迎え撃つ。梁山湖では李俊(りしゅん)率いる水軍が、巨大な海鰍船(かい…

続きを見る

12位
出撃 海軍航空隊決戦記

出撃 海軍航空隊決戦記

著者:豊田穣

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

太平洋の乱雲をついて日本本土に侵入する“空の要塞”B29爆撃機。緊急発進、果敢にこれを迎え撃つ零戦、雷電、紫電改。太平洋戦争の終幕をつげる泥沼の消耗戦を、…

続きを見る

13位
慶長疾風録3

最新刊

慶長疾風録3

著者:伊藤浩士

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

慶次郎の機略により関ヶ原、清須と二度の戦いを制した西軍だが岡崎の戦いで大谷吉継を喪う。さらに東軍を圧すべく、上杉勢との共同作戦のため信濃へ進出したが…

続きを見る

14位
ゆっくり雨太郎捕物控6

最新刊

ゆっくり雨太郎捕物控6

著者:多岐川恭

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

いきなり後ろから袖をひっぱられ、脂粉の匂いを漂わせた、ちょいといい女に「市助さん、お前の女房のお春ですよ」と人違いされた八丁堀同心・若月雨太郎。雨太…

続きを見る

15位
女泣川ものがたり(全)

女泣川ものがたり(全)

著者:都筑道夫

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

江戸は天保末期、深川を東西に流れる小名木川のほとりには、春をひさぐ女が多くあった。彼女たちにとって、川は哀しみの涙をあつめて流れる“女泣川”だった。旗…

続きを見る