mibon

小説・文学/文学 ランキング トップ20

mibon 電子書籍 はスマートフォン/タブレット専用の電子書籍ストアです。
購入された電子書籍を読むには iOSまたは Androidを搭載した端末と無料アプリが必要です。

詳しくはこちら

1位
日の名残り

日の名残り

著者:カズオ・イシグロ / 土屋政雄

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内…

続きを見る

2位
エルサレム

エルサレム

著者:中野太郎

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

■内容紹介
今から三千年前、古代イスラエル王国の和平のために生涯を捧げた王がいた。ダビデはベツレヘムの貧しい羊飼いに過ぎなかったが、その輝く美貌と天性…

続きを見る

3位
異形の将軍 田中角栄の生涯(上)

異形の将軍 田中角栄の生涯(上)

著者:津本陽

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

田中角栄は、大正七年に新潟県刈羽郡二田村(現・西山町)に生まれた。吃音に苦しむ少年時代、軍隊で苛められる青年時代をおくるが、二十八歳で国政の舞台に登…

続きを見る

4位
大阪に生きる

最新刊

大阪に生きる

著者:読売新聞大阪社会部

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

読売新聞大阪版の連載記事(2015年1月1日〜同年1月8日)をまとめました。大阪には、先人の歴史と庶民のパワーが育んだ独自の文化や産業、くらしがあり…

続きを見る

5位
現代の肖像 西田敏行

現代の肖像 西田敏行

著者:高瀬毅 / 鈴木心

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

福島県の中通りで育った。中学卒業後、役者を志して故郷を離れ、日本を代表する名優となる。福島を離れて50年近くが経ったとき、大好きな故郷を東京電力福島…

続きを見る

6位

作品詳細

「では、ここで質問。『伊豆の踊子』は恋愛小説なのでしょうか?」(奥泉)今回は、「私」と旅芸人の一座との淡いかかわりを描いた『伊豆の踊子』を読む。芥川…

続きを見る

7位
週末5万円からの東南アジア

週末5万円からの東南アジア

著者:吉田友和

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

近い、安い、美味い、おもしろい! 週末に有給を1日だけ足せば、格安で東南アジアを旅できる。絶景、グルメ、リゾート、街歩きはもちろん、現地アイドルの追…

続きを見る

8位

作品詳細

舞台は、東京都荒川区を流れる隅田川近くの小学校。そこで行われているのは「妖怪教室」です。妖怪のかたちや種類を教わるだけじゃありません。「そもそも、妖…

続きを見る

9位

作品詳細

◆死んだ恋人の心臓を移植した彼に、惹かれてゆき…ひめやかな恋の鎮魂歌。◆交通事故で恋人を失ったクイン。笑うことも忘れ、もう1年以上、ひきこもったままだ。…

続きを見る

10位
水滸伝 十八 乾坤の章

水滸伝 十八 乾坤の章

著者:北方謙三

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

童貫(どうかん)軍の猛攻撃が始まった。呼延灼(こえんしゃく)は秘策をもってそれを迎え撃つ。梁山湖では李俊(りしゅん)率いる水軍が、巨大な海鰍船(かい…

続きを見る

11位
上杉鷹山の経営学

上杉鷹山の経営学

著者:童門冬二

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

江戸中期、幕府への領地返上を考えるほどの財政危機に瀕していた米沢藩を、斬新な藩政改革と藩士の意識改革で見事に甦らせた上杉鷹山――希代の名藩主として誉れ…

続きを見る

12位
「孫子」を読む

「孫子」を読む

著者:松本一男

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

「彼を知り己を知れば、百戦して殆からず」―-兵法書の超ロングセラー『孫子』。その著書は不遇な生涯を送り、人生の裏も表も知り尽くした人物という。だからこ…

続きを見る

13位
出撃 海軍航空隊決戦記

出撃 海軍航空隊決戦記

著者:豊田穣

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

太平洋の乱雲をついて日本本土に侵入する“空の要塞”B29爆撃機。緊急発進、果敢にこれを迎え撃つ零戦、雷電、紫電改。太平洋戦争の終幕をつげる泥沼の消耗戦を、…

続きを見る

14位
帝国憲法物語

帝国憲法物語

著者:倉山満

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

「大日本帝国憲法は西洋の猿まね憲法だ」「天皇主権の帝国憲法が、国民に戦争の塗炭の苦しみを強いた」などの議論が横行している。だが、その理解は本当に正し…

続きを見る

15位
淋しいのはお前だけじゃな

淋しいのはお前だけじゃな

著者:枡野浩一 / オオキトモユキ

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

〈振り向いてくれたけれども「がんばれ」はたぶん自分に言った言葉だ〉――。残業続きで恋人に会えない夏の日々、文芸部の美少女と何も起こらなかった高校時代、…

続きを見る