mibon

コミック・ラノベ/ライトノベル ランキング トップ20

mibon 電子書籍 はスマートフォン/タブレット専用の電子書籍ストアです。
購入された電子書籍を読むには iOSまたは Androidを搭載した端末と無料アプリが必要です。

詳しくはこちら

1位

作品詳細

「愛しています、ぼくの恋人になってください」ファウストとエリザの出会い、闘病の末に掴んだ束の間の幸福、そして降りかかる悲劇。死とは? 生とは? この…

続きを見る

2位

作品詳細

両親を亡くした春花に救いの手を差し伸べてくれたのは、父の友人である、12歳年上の雪人だった。そして彼と春花は、双方にメリットがあるからと期間限定の結婚…

続きを見る

3位
溺愛ドクターに求愛されて

溺愛ドクターに求愛されて

著者:幸村真桜

種別:コミック 文芸/その他

作品詳細

病院で働く沙織は、29歳の誕生日前日に彼氏の浮気現場を目撃してしまい、ひとり京都へと傷心旅行へ行くことに。そこで偶然出会った魅惑な男性・裕介と一緒に観…

続きを見る

4位

作品詳細

結婚を約束した彼との幸せな未来を夢見る絵梨。ところが、ようやく迎えた婚約披露の日――彼の隣で笑っていたのは何故か自分の後輩だった。人生最高の瞬間が一転…

続きを見る

5位

作品詳細

冬の寒い日、気分のすぐれないフィリミナは受診した医官にお腹に子供がいることを告げられる。これには王宮筆頭魔法使いで最強の旦那様・エディも大喜び。とこ…

続きを見る

6位

作品詳細

恋愛経験ゼロのアロマセラピスト・里衣子は、仕事にやりがいを感じながらも平穏な日々を送っていた。そんなある日、出張トリートメントで、敏腕外科医で初恋の…

続きを見る

7位

作品詳細

ナディルのため、家出してまで実家エルゼヴェルトに帰ることを決めたアルティリエ。情報を集めながら進む中、この事件の裏にある人物が関わっていると気付き!?…

続きを見る

8位

作品詳細

アルフォンソ伯爵家の当主・カイル専属のメイドであるリーナは、カイルへの恋心をひた隠しにしながら、彼のお世話をする毎日。ある日、リーナは両親から「そろ…

続きを見る

9位

作品詳細

平凡な日常をこよなく愛する二十九歳の葛原花乃。友人が次々と結婚・出産していく中、焦りも願望もまるで皆無な、のんびり独身生活を送っていた。ところがある…

続きを見る

10位

作品詳細

幼い頃からずっと好きだった唯人と、八年ぶりに再会した紗羅。大人になった彼にますます想いを募らせるが、唯人からは「妹同然」と言われてしまう。……実は唯人…

続きを見る

11位

作品詳細

幼いころに引き取られたブライトン家でひどい扱いを受けていたリオナを嫁として迎え入れたシオンは、その1年後には第二王子に随行して、北の砦に赴任してしま…

続きを見る

12位

作品詳細

大学病院に勤める女医の万里緒。結婚適齢期を迎えた彼女は、叔母の勧めでお見合いするはめになり、頭の痛い思いをしていた。その憂さ晴らしに、馴染みの居酒屋…

続きを見る

13位

作品詳細

女医の万里緒は、叔母の勧めるお見合いで出会った、イケメン外科医・千歳とスピード結婚した。交際期間0(ゼロ)から始めた関係は、溺れるほど情熱的で刺激的!…

続きを見る

14位

作品詳細

女医の万里緒が、イケメン外科医の千歳と結婚して、はや八ヶ月! 紆余曲折の末、ようやく千歳と東京で暮らし始めた万里緒は、忙しい仕事の中、ラブラブな新婚…

続きを見る

15位

作品詳細

王太子様が、貧乏令嬢に突然の求婚!? 落ちぶれてしまった伯爵家の令嬢・フィオナの楽しみは、夜会でたらふくご馳走を食べること。ある日、国王主催の夜会でい…

続きを見る

16位

作品詳細

ある日、兄王から最悪の縁談を命じられた小国の王女ミア。あんまりな相手に思わず兄へ直談判していると、遙か西方の大国からお妃選考へ誘う書状が届く。この縁…

続きを見る

17位

作品詳細

色気ゼロで女とは思えない――そんな初恋相手の一言が大きなトラウマとなり、以来、必死に女子力を磨き続けてきた森園志穂。今では完璧な見た目で美容師として働…

続きを見る

18位

作品詳細

「別冊マーガレット」で大好評連載中(2013年5月現在)・コミックス累計2000万部超を誇る大ヒット作ノベライズ第8弾(カラー口絵収録)!! ついに風早とつきあ…

続きを見る

19位

作品詳細

年に一度、告白が許される日――バレンタイン。紅緒ももちろんその日のために準備をしていた。しかし「あの二人はいつまでフラフラした関係を続けているのか」と…

続きを見る

20位

作品詳細

クロスナイフ小隊ら三小隊に下された極秘任務、それは最終兵器の護衛だった。黙々と任務に就きながらも、ヒバナの心中は千々に乱れていた。――アンタレス、あな…

続きを見る