mibon

検索結果(50冊中 1-20件)

並べ替え

作品詳細

夢には必ず手がとどく。京に上った坊ちゃん忍者の大冒険。愛と希望の歴史ファンタジー。

続きを見る

作品詳細

「猫」の最後に死んだはずが、目覚めたらなぜか上海にいた「吾輩」。そこへ飛び込んだ苦沙弥先生殺害の報、そして犯人はこの街に? 漱石文体を駆使した書下ろし1000枚、純文学をぶっ飛ばす奇想天外の大冒険ミステリー。

続きを見る

作品詳細

ピアニストとして致命的な怪我をした永嶺修人が復活した? 三十年前、卒業式の夜に起きた殺人事件の真相とは。傑作音楽ミステリー!

続きを見る

作品詳細

あの理想郷はどこに消えたか? かつて参加したコミューン「葦の会」の痕跡を探す旅に出た男は、奥深いブナの森で、ある不可思議な事件に巻き込まれる―。メタ・ミステリーの傑作。

続きを見る

作品詳細

謎の音階をめぐって、時空を超える旅が始まる。不可思議な音階がジャズピアニスト・希梨子を時空を超える冒険に巻き込んでいく。現代から第二次大戦末期のドイツへ……。

続きを見る

作品詳細

1991年1月17日、湾岸戦争勃発。戦場から遠く離れて、妻の出産を待つ大学講師の木苺の凡庸な日常に突然、暗黒の陥穽が口を開く。戦争と狂気の時代を黙示する問題作。

続きを見る

作品詳細

小説の書き方・読み方がクスクスわかる! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ! 芥川賞作家と稀代の仕掛人が捨て身でおくる、“漫談スタイル”の超ブンガク実践講座。渡部直己による、ためになる脚注付き。

続きを見る

作品詳細

世界の名作、笑いのツボを新発見! 〈小説〉という船に乗って、世界一周の旅に出よう! カフカ、ポー、ドストエフスキーに漱石から魯迅まで、九つの古典名作を笑いのめす。世界文学ツアーガイド、ついに登場!

続きを見る

作品詳細

70年代の大学生「僕」が語る思想、暴力、そして「言葉」。本年度谷崎賞受賞作家の出発点を示す、瑞々しい最初期三部作。

続きを見る

作品詳細

虫への〈変身〉を夢見た伝説のサックス奏者。彼の行方を追い求めた先に私が見たのは絶対にありえない戦慄の光景だった……。カフカの『変身』を通奏低音にして描く音楽ミステリー。

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。世界的な文豪・夏目漱石の『こころ』を読む。(文芸誌「すばる」2014年1月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。世界的な文豪・夏目漱石の『門』を読む。(文芸誌「すばる」2016年7月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。世界的な文豪・夏目漱石の『吾輩は猫である』を読む。(文芸誌「すばる」2017年2月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は、本全体に日本語の歴史が横溢している国木田独歩の『武蔵野』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2010年5月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は日本の近代文学の祖、二葉亭四迷『浮雲』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2013年2月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は、読んだことはなくても、国民全体が貫一とお宮のことだけは知っている、尾崎紅葉の『金色夜叉』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2014年11月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は20世紀を目前に発表された、泉鏡花の『高野聖』を読む! 芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2017年2月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は、新聞や週刊誌に書き立てられたら大変なことになっていたであろうゲスな話(いとう・談)、森鴎外の『舞姫』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2016年11月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は「コンセプトマシンD」こと太宰治の『晩年』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2010年5月号掲載)

続きを見る

作品詳細

『伊豆の踊子』は恋愛小説なのか? 今回は旅芸人の一座との淡いかかわりを描いた『伊豆の踊子』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2010年11月号掲載)

続きを見る

もっと見る

50冊中[1~20件を表示]