mibon

検索結果(1413冊中 1-20件)

並べ替え

作品詳細

まえがき
グウタラの部屋と聞くと散らかり放題で、足の踏み場もないような部屋を思い浮かべませんか?休日に家でゆっくり過ごそうと思っても散らかった部屋にいるとなんだか落ち着かない・・・なにかをしようと思っても、まず場所を作ってからなんて日常茶飯事・・・片づけなければというストレスになります。そこまで散らかっていなくても、なんだか雑然としていると思っている方、そのような部屋とは決別しませんか?物を少な… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

本書は、女性にモテたい、という願望を持ちながらその方法がわからないという男性のための書である。

まず「女性にモテる男性」とはどのような人だろうか。イケメン?高収入?高学歴?そう答える人も少なくない。しかし、これらの条件に当てはまるわけではないのに、何故か彼女が途切れない。大勢の女性から声を掛けられている男性、あなたの周りにもいないだろうか?
自分の方がスペックが上なのに、どうしてあいつの方… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

年度が変わる3月、4月は、多くの人にとっては新しい一歩目を踏み出す季節でもある。
とりわけ新卒で就職する人たちにとっては特にそうだろう。

学生としての立場から、社会人としての立場へと変わるのだ。
ありがちな表現にはなるが、期待と、そして不安が入り交じった気持ちでいることだろう。

就職が決まった大学生たちを対象にした、就職と労働に関する意識調査が非常に興味深い。
なんと全体の60%以… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

本書を手に取っているということは、あなたはモルモット好きであることに違いないだろう。モルモットとは動物園のふれあいコーナーにいるハムスターよりも大きい生き物で、ハムスターとさほど変わらない生き物だと決めつけられがちだが、実はとても面白く愉快で、可愛い妖精のような生き物である。
そんな魅力いっぱいの癒やし系モルモットとの生活はとてもほのぼのとして、慌ただしい日常生活を忘れさせてくれる最高… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

「どうも、この人とは会話が合わない…」
「うまく会話が続けられない…」
会話が苦しい状況、誰しもが一度は経験したことがあると思います。食事の席だったり、仕事の上でもコミュニケーションでよく見かける光景です。もっと上手く会話ができて円滑なコミュニケーションが取れていたら、どれだけ事が簡単に進んでいただろうか。と悔やむ人は後を絶ちません。例えば、仕事でミスをしたときも前々から周りと上手いコミュニケ… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

土方歳三は、少年時代、暴れん坊だった。喧嘩、喧嘩に明け暮れて、とうとう高校を退学させられてしまった。だが、小学校時代の恩師に助けられ、高等学校卒業程度認定試験を受けて、大学の史学科へ進んだ。今は、都立高校で世界史を教えながら、恩師が始めたフリースクールを手伝っている。
歳三が勤めている高校の生徒が撲殺された。警察は、フリースクールの生徒の犯行と疑った。歳三は憤然として立ち上がる。フリースクールの… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

高血圧というと、皆さんはどんなイメージを持たれますか?
何となく不健康、ということは分かるけれど、具体的にどんな症状に繋がっていくのかはよく分からない、そんな方は意外に多いのではないでしょうか。
高血圧は、自覚症状がとても出にくい症状です。
健康診断で「あなたは高血圧です」と診断されても、今の自分の体や体調に何の不都合も感じられません。
また高血圧の他にもγーGTP値や、血中のコレステ… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

プロローグ

毎日毎日同じことの繰り返し。
朝は通勤ラッシュでもみくちゃにされて、日中は融通のきかない上司にどやされ、夕方になっても呑気で能率の悪い後輩に苛つき、夜は結局サービス残業で遅くなり、帰ったら泥のように眠るだけ。
社会人になりたての頃、様々な希望に満ちた夢を抱き入社したのも遠い昔。なんでこんな事してるんだろうと、漠然とした不安や途方もない無力感、ふとした孤独が頭を過ぎる。

社会に埋もれ… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

社会生活を送る私たちにとって最も重大な悩みのひとつは、やはり人間関係の悩みでしょう。実際のところ、それはほんの些細な誤解から生じることが多く、いわゆる「異常者」に悩まされることというのはそれほど多くないはずです。
ではごく普通の人間である私たちが互いに誤解し、人間関係をこじらせる原因はなんなのでしょうか? 心理学に詳しい方であれば、フロイトやラカンの精神分析の手法で個人の認識について分析したり、… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

あなたは、学生時代勉強が好きでしたか?
この質問に私が遭遇した人の中で「はい」と答える人は一人しかいませんでした。
多くの人が「嫌い」「得意じゃない」と答えるのです。そして「勉強もあまりできる方ではなかった」と苦笑いとともに付け加えられます。
今回はこの問いに自信をもって「はい」と答えられるようになりたい方に送る書籍です。

【1】勉強時間の確保:「ルーティンにすること」「中途半端さに… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

オシャレの秘訣、教えます。ファッションラバーも必見の第3巻

続きを見る

作品詳細

まえがき

この本は、孤独を癒すものでも、孤独から脱出するための本でもありません。
孤独と向き合い、受け入れ、日々を生きていくための本です。
時代と共に、技術は絶えず進歩しています。
特に2000年代に入ってからの情報技術の進歩は、目を見張るものがあります。
インターネット、携帯電話の普及と並行して、ブロードバンド環境が整い、いつでもネットに繋げたままでいられるようになりました。
それにより、ネッ… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

はじめに

本書を御読みになられるあなたは、経済学部の学生さんでしょうか? あるいは経済学とは無縁の生活を過ごされている方でしょうか? 私にはそれを知る由はありませんが、少なくともあなたは大なり小なりの知的好奇心を持ち、そして経済学に興味がある。そういう人であることは確かだと思われます。本書は、その様な経済学という学問への興味を持ったばかりの人に、そしてこれから経済学を学ぶ学生さんに、経済学と… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

エウメネスは書記長という事務的な仕事を任されていた人物でありながら、最終的には諸将軍と肩を並べる存在となった。なぜ書記の仕事がエウメネスに力を与えたのか、少し考察しようと思う。

書記長とは

書記官長の職務と社会的な位置づけを見るために、日本の貴族院で書記官長をつとめた経験のある柳田国男の例をみてみよう。
貴族院は日本の戦前に衆議院とあわせて帝国議会を構成していた上院で、議員は皇… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

パパの得意な料理は甘口カレーライスです。にんじん、じゃがいも、たまねぎ、そして薄切り豚肉ロースを細かく切り刻み、カレー粉と調味料を混ぜあわせ、しばらく煮込んでから、最後に牛乳を流し入れます。
パパ特製のカレーライスを晩ごはんに食べた麗美でしたが、夜中になって激しく嘔吐してしまいました。病院で診察したら、急性胃腸炎でした。その日からカレーライスを食べなくなり、パパは落胆します。
毎朝、麗… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

古今東西の哲学者が集う空想世界へようこそいらっしゃいました。
今回は「ちょっと困った友達との付き合い方」をテーマにお送りしたいと思います。
哲学の世界にも、ちょっと困った人がたくさんいます。道徳やモラルについて本を書いていながら本人が困った人というのも不思議な話ですが、こういう人が哲学界にはけっこう多いのです(カントとか)。
本書では、そんな哲学者たちのエピソードから、ちょっと困った人たちと… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

1413冊中[1~20件を表示]