mibon

検索結果(69冊中 1-20件)

並べ替え

作品詳細

まえがき

本書は、勤め人の多くが関心を持つ、会社で出世する方法、転職で成功する方法のことを書いた本だ。企業を取り巻く日本経済の推移から始まり、出世する人の共通点まで、経験を踏まえた事例もまじえながら、8テーマに分けて、書いている。
では、「日本の企業で出世する方法、転職で成功する方法リスト」を紹介しよう。

「日本の企業で出世する方法、転職で成功する方法リスト」

1.日本経済と企業の遷り変わり… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

本書は、新入社員がこれから社会人として生きていくために必要なことを書いた本だ。
現在の会社を取り巻く経済状況・社会環境から、これからビジネスに携わるにあたって進むべき方向性や、仕事に対する心構えや仕事をする際の注意点、自分自身の仕事観を持つことの重要性などについて、9テーマに分けて、書いている。
では、「新入社員に必要な9か条とは?」を紹介しよう。

「新入社員に必要な9か条とは?」… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

学生を卒業して就職の段になると、大半の同期と同様の会社勤めをするか、先生と呼ばれる職業に進むか、公務員を目指すか等々、色々と迷う時期で、目指す方向が定まっても、その通りになるとは限らない。
一口に会社と言っても、大中小あり、日本企業・外資企業ありで、職種も千差万別、どの企業が自分に合っているのかを選定するのは、ジャングルの中でどの木に登り住み家とするかを決めるのと同様、難しい。
ただ、… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

企業の生命線は人材である。会社が発展するか衰退に向かうかは、ひとえに人の力にかかる要素が大きい。創業者自身が起こして、血の滲むような思いで大きくしてきた会社であれば、なおさら、自分が存命中に盤石の状態にしたいと思うのが人情だと思う。
日本では、未だにベールに包まれたヘッドハンティングのことや人材業界の話もまじえながら、ビジネスの過酷だが興味深い世界の一端を描いてみたいと思う。
… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

ビジネスも恋愛も、言わば筋書きのないドラマのようなものだ。どちらも、歯ごたえがあり楽しいが、大火傷をする可能性もある。非常にリスキーだから挑んでみたくなるのかもしれない。ゴルフは、コース攻略をマネジメントと表現するほどビジネスと共通性があるし、同伴競技者との関係性は恋愛のかけひきと似ているような気がする。JAZZのライブは、演奏やボーカルのパフォーマンスで観客を魅了する点で、ビジネスを… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

シリーズ
まえがき

ビジネスシーンに酒の席やゴルフは付き物だが、どちらもビジネスの相手がいる場合は対応が難しい。
今回は、ゴルフとビジネスをテーマに、これまでの体験を踏まえて色々なビジネスシーンを描いてみたい。
ひと頃は酒と麻雀とゴルフが接待の手段と考えられていて、ビジネスには必須のことと言われた時期もあったが、今は麻雀を楽しむ人が少なくなり、もっぱら酒とゴルフが接待の手段として考えられている。… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

色々なスポーツがあり、観ることが主なスポーツがある一方、自分でやることが主なスポーツもある。
ゴルフは観ることも楽しいが、ビジネスパーソンにとってすることが楽しく役に立つスポーツである。
今回は、ビジネスパーソンがなぜゴルフをやるべきなのかをテーマに、これまでの体験を踏まえて10の理由について考えてみたい。
最近は、麻雀をやる人の数が少なくなり、専ら酒とゴルフがビジネスパーソンの必須の… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

日本の会社においては、ゴルフが酒と並んで必須の付き合いの手段と考えられている。ゴルフは、会社内の人脈をつくる上で有効なだけでなく、会社外の取引先や新規の取引先を開拓する場合も効果を発揮する場合がある。今回は、ゴルフによる人脈つくりを中心に話を進めたいと思う。… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

考えてみれば、人が人を好きになるというのは、かなり特別な感情のほとばしりであり、説明がつきにくいものだ。理性的に論理的に理解しようとしても、胸の高鳴りや息苦しいほどの思いは納まりようがないのだ。プラトニックラブという精神的なものだけでもなく、リビドー的な肉体的衝動だけでもない。恋愛には不思議な魅力があり、古今東西でテーマになるのも無理はない迫力とドラマチックな展開がある。
今回は、それ… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

ビジネスパーソンにとっては、社内教育というものがどのような意味を持っているのかが気になるところだ。ただ流れのままに各年代の教育を漫然と受講する社員と、問題意識を持って臨み、人事部に好印象を持たれる社員では、その後の評価の点で雲泥の差が出てくる。
本書は、ビジネスパーソンが、各教育をどのように受講すれば良いのかを人事的な観点で述べることにより、これからの教育受講の参考にして頂きたいと考え… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

採用は企業の命運を握っているといっても過言ではない。
なぜなら、企業は組織であるが、組織は人が経営を行い運営しているので、組織が発展するか衰退するかは、組織を構成する人の資質にかかっているからである。
人材が人財とも称される所以である。
本書は、色々な業種で行われている企業の採用活動を紹介しながら、ビジネスに携わる多くの人が関心を持つ、採用について書いた本である。
新卒の獲得競争はどの… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

労務問題は企業経営を揺るがしかねない問題もあり、対応如何に拠っては企業の存否を左右する場合もある。
どれほど大きな企業であろうと、どれほど就業規則の内容が立派でどれほど社風が良い会社でも、労務問題が起こることは、避けられないのだ。
なぜなら、企業は毎年新しい人間が入社するし、定年を迎えて退職する人間も多い。
企業を構成しているメンバーは入れ替わり、企業の考え方や風土に共鳴する社員や株主… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

キャンペーンは、あらゆる仕事の分野で見られるが、営業の新商品のキャンペーンは、もろに実績が絡んでおり、成功すれば全社的な話題になるだけのシリアスなイベントだけに、面白みが大きく、やりがいがある。会社の営業における新商品キャンペーンの実態を書くことで、営業、セールスの醍醐味や、人間模様を描いてみたい。… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

ジョイント・ベンチャーは、リスクの多い話もあり、必ずしも成功するとは限らない。
特に相手が多国籍企業で、色々な国で様々な経験をしている場合は、したたかであり、様々なノウハウを持つだけに、相手のペースに飲まれないような細心の注意が必要である。
昨今、進出した国の政情不安で、思わぬ被害を受ける日本企業が紹介されたりしているが、工場などを建設する際は、その国の政情や法律や商売上の慣行などあら… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

書籍説明
お酒は、ビジネスに携わりお酒を嗜む大半の人にとって、無くてはならないものである。
お酒を有効に活用することで、社内の人間関係がどれほど良くなるか、計り知れないし、お酒による社外の取引先や、各業界との人脈が円滑に作れるか、無限大の効果がある。
勿論、異性とのコミュニケーションも、お酒が取り持ってくれることが多い。
更に、お酒は適度に飲めば、ストレス解消などの健康管理にもなる。
それぞれの地… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき
ゴルフコンペは、2・3組のプライベートなものから、多い時は100人を超える規模のものまで色々あり、それぞれ勝つための方法が考えられる。アマチュアのコンペは、プロの試合と違って、お金がかかるわけではないし、生活のために仕事として取り組むわけでもない。
しかし、プロの試合以上に、会社の中でのプライドがかかっていたり、同窓会や大学対抗ゆえの意地がかかっていたり、サークルであまり深い人間関係でな… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき
ビジネスパーソンの働く期間は、それほど長いものではない。その間に、何を目指し、何を獲得するかは、人によって千差万別である。働き続けることで働く期限と無縁の人もいる。
ひとつの企業なり団体なりに惚れ込み、働く期間のすべてを使い切る潔い生き方も素晴らしいし、ある程度の準備期間の後に、職務に特化した専門的な職務遂行能力とマネジメント能力を武器に、大胆に荒海に漕ぎ出すことも、かなりリスキーである… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

まえがき

人間が農耕を行う前は、狩猟による食の確保を行なっていた時期もある。素手で獲物と戦うことが基本だが、徐々に道具を発明して、獲物を合理的効率的に狩る方法を考えてきた。
やがて、道具が武器として部族間の揉め事など人間同士の争いにも使用されるようになり、道具というより武器としての変質を遂げてきた。
格闘技の基本的な考えは、争いにおける有効な武器としての役割だと思う。
それぞれの格闘技が、スポー… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

書籍紹介 

まえがき

毎年、多くの新入社員が社会人として、希望に胸を膨らませて会社に入社する。
誰でも、努力を重ねて順風満帆に走れば、役員や代表に上り詰めることも充分可能である。
しかし、会社勤務の途中で個人的な事情で挫折する場合もあるし、会社自体が経済環境の変化によって倒産する場合もある。
転職を経験することもあるかもしれないし、1社に定年まで勤めあげても、思い通りの職位に到達しなかったとい… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

作品詳細

書籍説明文

まえがき
企業は、究極的には売上や利益を目的としている組織・集団である。
その組織・集団のトップが社長であるので、社長になるには売上を伸ばし、
利益を上げることのできる人間が要求される。上場企業であれば、
なおさら四半期ごとの要求が厳しくなる。
起業ということも興味のあるテーマだが、1年で6割が倒産して10年で95%ほどが姿を消すというデータもあるほどで、
あまりにもリスキーであるの… 以上まえがきより抜粋

続きを見る

もっと見る

69冊中[1~20件を表示]