mibon

検索結果(1921冊中 1-20件)

並べ替え

作品詳細

近代日本最大の啓蒙思想家・福澤諭吉の大ベストセラー『学問のすすめ』を原書のリズムをいかしつつ現代語訳化。

続きを見る

作品詳細

ソーシャルワーカーってなにをしているの? 70年代から第一線で活躍してきたパイオニアが、自らの経験を迫力いっぱいで語り「人を助ける仕事」の醍醐味を伝授。

続きを見る

作品詳細

お金の始まりは物々交換ではなかった?! 仮想通貨、時間通貨……お金とはそもそも何なのか? どんな仕組みなのか? 目まぐるしく変化する今こそ知っておきたいお金の話。

続きを見る

作品詳細

明治初頭の合理主義教育はなぜ精神主義へと堕したのか? 100年前の教育に帝国主義の原点があった

続きを見る

作品詳細

「終わらない日常」と「さまよえる良心」──オウム事件直後出版の本書は、著者のその後の発言の根幹である。書き下ろしの長いあとがきを付す。

続きを見る

作品詳細

近代的思考の限界を超えようとした現代思想。難解なものが多いそれらの名著を一気に30冊解説する。知っているつもりになっていたあの概念の奥深さにふれる。

続きを見る

作品詳細

自身が偉大な文学者である著者が長年、父と慕い、師と仰いだ犀星の人と作品について綴った文章の集成。

続きを見る

作品詳細

国民的「常識」紛れ込む“ダメ議論”。人をその気にさせる“怪しい議論”。その見抜き方を、分かりやすく伝授します。

続きを見る

作品詳細

介護は時間も場所も、言葉も越える。豊かな介護を創るカギは、老人達の「問題行動」。さあ、認知症ケアのワンダーランドへ旅立とう。

続きを見る

作品詳細

加速する現代社会、時間は細切れになって希薄化し、心身に負荷をかける。新型うつや発達障害、解離などの臨床例を検証、生命性を回復するための叡智を探りだす。

続きを見る

作品詳細

地獄/鬼/怪異/病/死/断罪/女 日本人は、闇をどう描いてきたか。

続きを見る

作品詳細

大唐帝国の礎を築いた太宗が名臣たちと交わした政治問答集。編纂されて以来、帝王学の古典として屹立する。本書では、七十篇を精選・訳出。

続きを見る

作品詳細

EU離脱、スコットランド独立──イギリスは政治の機能不全で分解に向かいつつある。もはや英国議会政治は民主主義のモデルたりえないのか。危機の深層に迫る。

続きを見る

作品詳細

それは正義と呼べるのか? 悪しき平等主義や他者批判の正義など、正義概念の今日的な混乱の真相に迫り、まっとうな正義を説く。目からウロコの「正義論」入門。

続きを見る

作品詳細

不気味さ透明感の奇跡的邂逅、梶井基次郎の文学がこの一冊に結実。作品はもちろん、全ての習作・遺稿を収録する。

続きを見る

作品詳細

美しい妻を娶り、幸福の絶頂にある将軍オセロー。だが策略の罠に嵌った彼は嫉妬に狂った末に……。四大悲劇の最新訳。

続きを見る

作品詳細

イエスの活動、パウロの伝道から、叙任権闘争、十字軍、宗教改革まで──。キリスト教二千年の歴史が果てなきやくざ抗争史として蘇る!

続きを見る

作品詳細

ホスピス「野の花診療所」に暮らす患者とその家族の証言をもとに、死を独自の視点からやわらかく見つめた臨床医のエッセイ。

続きを見る

作品詳細

世界にも類を見ない軍事組織・自衛隊はどのようにできたのか。国際情勢の変動と平和主義の間で揺れ動いてきた防衛政策の全貌を描き出す、はじめての自衛隊全史。

続きを見る

作品詳細

小説って何だろう。君の人生に意味を持つ、そんな小説の役割と可能性について考える一冊。

続きを見る

1921冊中[1~20件を表示]