mibon

検索結果(12冊中 1-12件)

並べ替え

作品詳細

本書は江戸時代の色刷木版書「薄様色目」を復元する形で、和紙を植物で染め、王朝時代の華やかな襲 (かさね) の色彩を現代に甦らせたものです。加えて「源氏物語」を代表する王朝文学や万葉集などに登場する色の記述を取り上げ、当時の風俗、文化をわかりやすく説明し、現代の京都、奈良の風情にもかさねて味わうことができます。

続きを見る

作品詳細

本書は染織研究家吉岡常雄氏が長年にわたって収集を続けたコレクションより選りすぐって構成した。
This book represents the collection of Tsuneo Yoshioka, a textile expert, who carefully amassed these stencils over many years.

続きを見る

作品詳細

日本の伝統文様、着物や和雑貨の図案、和柄、和風デザインのインスピレーションを得るのに最適。
 主に江戸時代に刊行された小袖や器物などの文様集『雛形本』から選んだ意匠文様、約470図を「春」「夏」「秋」「冬」「四季」「吉祥・文字・器物」「扇絵・団扇絵」に大別した上、「桜」「藤」などの項目ごとに分類、掲載して、絵引き図典としての用を目指したもの。

続きを見る

作品詳細

絢爛な桜の文様美のすべて。

桜の花が見せる多彩な表情を、俊英の意匠家がひと筆ひと筆、精緻に描いた「日本の櫻」文様の決定版。桜を愛する人、着物好きな人、和を慈しむ人、必須の書。(オールカラーで美と意匠を探る紫紅社文庫シリーズ)

続きを見る

作品詳細

文様のラビリンス。現代に生かす色彩とデザイン。 具象、抽象、幾何学、インド風、西欧風、中国風、和様の文様、弁柄、黄土、藍蝋、群青の色彩。文様の万華鏡というべき「和更紗」の多彩な魅力溢れる世界を紹介。

続きを見る

作品詳細

日本の文様美の原点、秋の風趣をデザインで愛でる
気鋭の意匠家が日本の秋を彩る高貴な菊、あでやかな紅葉の文様を一つひとつ丹念に心をこめて描き出した、日本文様図集。(オールカラーで美と意匠を探る紫紅社文庫シリーズ)

続きを見る

作品詳細

ラベルは英語の LABEL (レエィベル) の日本語化したもので、商品の容器などに商標や広告を刷って貼り込んだ印刷片を指す言葉である。印刷技術の発達によって今では容器そのものに直接印刷することが可能になり、ラベルを剥がして収集する事が難しくなってきた。ここに掲載したラベルは時代性をよく反映しており、その洗練されたデザインの新鮮さに驚かされる。ここには明日をすすむ温故知新の世界がある。大人気、紫紅社編集「京都書院アーツコレクション」の新装版!

続きを見る

作品詳細

明治から昭和初期の日本のポスター傑作作品集!レトロポスターに広告の源流を見る!わが国でポスターに該当するものは、江戸時代から商業活動に使われていたビラである。明治から昭和20年代の傑作ポスターを集大成し、日本の広告の源流を見る。懐かしくもあたたかい日本の感性を思い出す「追憶の一冊」。デザイナーや広告関係者には必見のビジュアル文庫。オールカラー新装版!

続きを見る

作品詳細

『源氏』千年の色彩がいま甦る。五十四帖に描かれた襲の色目を完全再現、光源氏の愛した色、女人らの華麗な衣裳。平安の夢368の色布総覧。

続きを見る

作品詳細

万葉から江戸時代の終わりまでの染職人が行っていた、自然の植物から日本の色を出す業をたどる。日本の伝統色を、自然の恵みから得た染料や顔料をもとに再現し、色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれた色名解説の集大成。

続きを見る

作品詳細

明治・大正時代のレトロなマッチ箱ラベル・コレクション。オールカラーで紹介。
マッチは明治から大正期、日本の大きな輸出商品で、とくにそこに貼られた商標ラベルが命で商標の力は絶大だった。それだけにラベルのデザイン制作には細心の注意を払っている。他社と差を出すためのその卓越したデザインの奇抜さに、ラベルを見ていると異次元の世界に吸い込まれそうで後戻り出来なくなる。本書は明治から大正期のマッチラベルを生産地、製造書別に分類して編集。

続きを見る

作品詳細

大正・昭和の広告マッチ箱ラベル・コレクション。オールカラー。レトロなデザインと、戦前、戦後の世相を表す貴重な資料としても人気。
都会のモダンライフに似合う洒落たデザインの広告マッチは、暮らしの歴史を映し出す貴重な資料。図案専門のデザイナーが登場して生み出されたすぐれたデザインは今でも色あせない。大人気、紫紅社編集「京都書院アーツコレクション」の新装版!

続きを見る

12冊中[1~12件を表示]