mibon

検索結果(198冊中 1-20件)

並べ替え

作品詳細

スタートから33年――、ついにシリーズ完結!! 本シリーズの完結を記念して、小社PR誌に掲載された対談やインタビュー、さらに百舌シリーズの試し読みも収録したデジタルガイドブックを配信いたします。公安と殺し屋の攻防を描いた“伝説の物語”を見届けろ!

続きを見る

作品詳細

少女よ、長い夜を戦い抜け! 〈梟〉の一族は眠らない。たとえ最後のひとりになっても――。サイエンス×忍者アクションエンターテインメント

続きを見る

作品詳細

【第33回すばる文学賞受賞作】現代の太宰治? 大いに悩む! 25歳の亮介は、服飾デザイナーを目指しながらも、農業を手伝いながら「親方」のもとでツリーハウス作りに精を出す毎日。人気者の兄・慎平の帰郷がきっかけとなり、つかの間の均衡が崩れはじめる……。

続きを見る

作品詳細

カースト最底辺のグループに所属している中学三年生の基哉。背は180cmと高いが顔は中の下。ある日、大学デビューを果たした兄が、サークル主催のBBQに基哉を誘う。一夏の経験が彼を成長させる。

続きを見る

作品詳細

広告代理店に勤めるアラサーのゆりは、半年ほど前まである癖を持つ男性と付き合っていた。─「拭っても、拭っても」他6編。恋愛からホラーまで、松井玲奈が覗く“人間模様”。鮮烈なデビュー短編集。

続きを見る

作品詳細

現実と非現実が融合するキモ恐い怪奇空間。妹と同居することになった「私」。「私」の存在を徹底的に無視し続け、突然部屋を出て行ってしまった妹の後に、見知らぬ小学生が部屋で宿題をしていた。第141回芥川賞候補作「いけにえ」収録。第149回芥川賞作家・藤野可織が贈る奇想譚。

続きを見る

作品詳細

京都の小さな旅館に生まれた夏目若葉は、父を知らず、母は幼い頃に失踪し、祖父母に育てられた。二十歳を過ぎた若葉は、新米の仲居として修業を始めるのだが……。小説すばる新人賞受賞第一作。

続きを見る

作品詳細

時田翼32歳、農協勤務。大酒呑みで不機嫌な父と二人暮らしで、趣味は休日の菓子作り。そんな翼の日常が、庭に現れた柚子泥棒との遭遇で動き出す──。人生が愛おしくなる、大人たちの「成長」小説。

続きを見る

作品詳細

かわいいかわいい由美子ちゃんセンセ。みんなの愛玩動物。由美子ちゃんの一言で、わたしと彼女は、退屈な放課後から逃げ出した。淡い青春譚──「じごくゆきっ」ほか、鮮烈な桜庭ワールド、全7編。

続きを見る

作品詳細

バレー部、軟式テニス部、陸上部、柔道部、釣り部……。それぞれの悩みを抱えながら部活に打ち込み、時にチームメイトとぶつかり、時に恋に揺れ動く高校生たちのまぶしい青春の日々を描く連作短編集。

続きを見る

作品詳細

星りょう、クララ・ホイットニー、若松賤子、樋口一葉、瀬沼夏葉……。明治という新しい時代に、新しい生き方を希求した女性たち。その希望と挫折、喜びと葛藤が胸に迫る、感動の歴史長編。

続きを見る

作品詳細

『桜のような僕の恋人』の著者が贈る、胸打つ長編小説。試し読み増量に加え、刊行記念エッセイを収録した電子無料小冊子。

続きを見る

作品詳細

井伏鱒二、生誕120年。「おれは、勉強しだいでは、谷崎潤一郎にはなれるけれども、井伏鱒二にはなれない」と太宰治が評したこの作家の新たな魅力を見つけよう。僕たちの新しいイブセがはじまる。

続きを見る

作品詳細

アフリカ大陸東端に広がるソマリア。残酷な戦場と平和な民主国家が隣り合う不思議な世界に惹かれ、そこに暮らす人々に恋をした著者が、台所から戦場まで、あらゆる現場に飛び込む。命がけの見聞録! 電子版には紙書籍未収録のカラー写真を追加収録!!

続きを見る

作品詳細

ある日突然、電気が存在しない世界に! あらゆる器機が動かなくなったなか、東京に暮らす4人家族の決死のサバイバルを描く超話題作。同名映画、原作本。

続きを見る

作品詳細

母と娘の葛藤のなかに描く、家族と家庭の姿。父親のない子を産んだゆり子。パート勤めをしている間、娘・千草は母親のもとに。父が家を出、今は母一人が住む家はゆり子にとっては見憶えのある場所、幼かった日々が甦る。母と娘の葛藤を描く。

続きを見る

作品詳細

人々に本を“処方”する書店主の船はパリを飛び出し、プロヴァンスを目指す。あのひとの人生を見届けるため、そして自分の人生を取り戻すため――。世界150万人が涙した、哀しくも優しい、喪失と再生の物語。

続きを見る

作品詳細

この世界、動けるものが勝つんだよね。東京、香港、ドバイ、ニューヨーク――。巨大資本の間隙を縫ってマネーの魔術師が疾走する! 圧倒的なリアリティで描く、新時代の企業買収エンターテイメント。※この本は2007年に栗山誠名義で出版されましたが、電子化にあたり著者名を本名に変更しています。

続きを見る

作品詳細

客観的事実が消えゆく世界で、私たちはどう生きるべきか――。トランプ政権に象徴される民主主義の危機、フェイクニュースやプロパガンダがはびこる現代社会の闇を、NYT紙の文芸批評で名を馳せ、ピューリッツァー賞に輝いた著者が探究する。

続きを見る

作品詳細

【第38回すばる文学賞受賞作】裸体主義で人類学者の河鍋未來夫とその信奉者たち、それを追う記者の田原はある島を目指す。そこでは、人間と猿による人類進化のためのある壮大な試みが行われていた。

続きを見る

198冊中[1~20件を表示]