mibon

検索結果(31冊中 1-20件)

並べ替え

作品詳細

『伊豆の踊子』は恋愛小説なのか? 今回は旅芸人の一座との淡いかかわりを描いた『伊豆の踊子』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2010年11月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は「小説の神様」こと横光利一の『蠅』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2011年1月号掲載)

続きを見る

作品詳細

「文芸漫談にようこそおいでくださいました。今回は芥川龍之介『藪の中』を読むという、大変な回となっております。」(奥泉)。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2011年3月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は、評者二人をして熱く語らせ、興奮させた谷崎潤一郎『春琴抄』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2011年7月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は、本全体に日本語の歴史が横溢している国木田独歩の『武蔵野』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2010年5月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は日本の近代文学の祖、二葉亭四迷『浮雲』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2013年2月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は、読んだことはなくても、国民全体が貫一とお宮のことだけは知っている、尾崎紅葉の『金色夜叉』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2014年11月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は20世紀を目前に発表された、泉鏡花の『高野聖』を読む! 芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2017年2月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! 今回は、新聞や週刊誌に書き立てられたら大変なことになっていたであろうゲスな話(いとう・談)、森鴎外の『舞姫』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2016年11月号掲載)

続きを見る

作品詳細

笑えるところに、すぐに食いつく文芸漫談。今回は、20世紀初頭、最先端のおしゃれが好きな作家たちに影響を与えた、アンドレ・ジッドの『法王庁の抜け穴』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2012年6月号掲載)

続きを見る

作品詳細

小説で声や痛みは再現可能か? そのものを伝えることができるのか? 今回はコンラッドの『闇の奥』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2012年8月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。世界的な文豪・夏目漱石の『こころ』を読む。(文芸誌「すばる」2014年1月号掲載)

続きを見る

作品詳細

美と理性、そこに忍び込んでくる魔的なものというテーマのトーマス・マン『ヴェネツィアに死す』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2013年10月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。世界的な文豪・夏目漱石の『門』を読む。(文芸誌「すばる」2016年7月号掲載)

続きを見る

作品詳細

下劣なものと崇高なもの、醜いものと美しいもの――その振幅のなかで世界を構築している小説。ナボコフの『ロリータ』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2015年5月号掲載)

続きを見る

作品詳細

文学、面白いよ! ヒカルがボケて、いとうがツッコむ。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。世界的な文豪・夏目漱石の『吾輩は猫である』を読む。(文芸誌「すばる」2017年2月号掲載)

続きを見る

作品詳細

「二一世紀の現代では、ストーカー小説、ホラー小説としてのみ読みうるでしょう(いとう)」。今回は、ゲーテ『若きウェルテルの悩み』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2016年1月号掲載)

続きを見る

作品詳細

変人キャラふたりと、かわいいキャラひとりと、「私」。そこへいよいよ例の男が登場! 今回はメルヴィル『書記バートルビー』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2016年9月号掲載)

続きを見る

作品詳細

今回は「まさしく、奇蹟のような一回性の小説」、中上健次の『枯木灘』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2009年1月号掲載)

続きを見る

作品詳細

『挾み撃ち』の特徴は半勃起? 今回は、後藤明生の『挾み撃ち』を読む。芥川賞作家と希代の仕掛人が捨て身でおくる“漫談スタイル”の超文学実践講座。(文芸誌「すばる」2009年5月号掲載)

続きを見る

もっと見る

31冊中[1~20件を表示]