mibon

検索結果(9冊中 1-9件)

並べ替え

作品詳細

「医者って一体、なんなんだ?」その切実な自問から始まった研修医・斉藤英二郎の熱い闘いは、いよいよ核心へ!!

続きを見る

作品詳細

「仮に僕が赤城さんに腎臓を提供しようとしたら可能ですか…?」ルールは人命に優先するのかこの国の医者と医療の在り方、その根本に斉藤が挑む!!

続きを見る

作品詳細

「赤城さんが死んでしまったら、僕には医者である意味なんてない…」どこまでも赤城の生命にこだわる斉藤は八方塞がりの中、やがてある行動を起こす…三者三様、それぞれの想いが交錯する中、移植を巡る状況はついに一つの局面を迎える。

続きを見る

作品詳細

「腎不全で苦しんでいる知り合いに腎臓を提供することがどうして問題なのですか…?」斉藤からの腎臓提供の申し入れをついに受け入れた赤城。…徐々に手続きが進む過程で、斉藤はある“事件”の存在を知る。それは過去に永大で起きた移植にまつわるスキャンダルだった。

続きを見る

作品詳細

「この青年は明日のあなたよ…この腎臓は…明日のあなたの腎臓よ…」脳死状態に陥った青年はドナーカードを持っていた。脳死判定テストに付き添う皆川と、腎臓摘出チームの助手として臓器移植手術に入る斉藤。二人はそこに何を見るのか!?

続きを見る

作品詳細

「他の人に身体を触れられたくないの……あなたの手で私にメスを入れて……」斉藤の指導医・ムツミと夫の近藤が決して口を割らなかった永大泌尿器科の過去がいよいよ明らかになる。彼らを待ち受けるのは希望か、絶望か。

続きを見る

作品詳細

「僕がやろうとしていることが間違っているのなら…僕から医師免許を取り上げて下さい…」移植を必要とする者がいて、臓器を提供する者がいる。これはそんなに悪いことなのか、ここには、全員が幸せになる物語は存在しないのか。

続きを見る

作品詳細

「僕は医者です……赤城さんを助けたいだけです……!」斉藤は最後の力を振り絞ってひとつの言葉を繰り返す。医療とは何か、医者とは何か。最後の研修先で斉藤が見つけた結論についに審判が下る。はたして、世界は変わるのか。

続きを見る

作品詳細

「今後5年間…“Yes”としか言わないことができるかね…?従順な機械になることが…君にできるかね…?」「医者って一体何なんだ!?」…斉藤、君が見つけた答えを教えてくれないか。「新ブラックジャックによろしく」ここに完結。

続きを見る

9冊中[1~9件を表示]