mibon

未来屋書店のブックコンシェルジュが選ぶ「秋の夜長に読みたい8冊」

秋の夜長に読みたい8冊

未来屋書店ブックコンシェルジュのレビュー



◆『仕掛学』お客さまを誘う


  • お客さまに立ち止まってもらう。商品を手にとってもらう。難しく考えすぎて、わからなくなってしまうことはありませんか。マーケティングの本を読んでもモヤモヤするときに、手に取ってほしい本。人が行動したくなるのはどんな気持ちになったときか、身近な事例がたくさん紹介されていて共感できます。新しい発見にきっとつながるはず!

◆『LIFE SHIFT』未来について考える


  • この本が問うのは、高齢化という社会問題ではなく、私たちがどう生きていくか。半数の人が100歳まで生きる時代に突入しています。定年後、それまで働いていた期間と同じくらい生きると想像したら恐怖を感じました。老後のお金を貯めなきゃと焦りを感じる人は多いと思いますが、40年ある老後をどう生きるかまで考えたことはありますか?

◆『江戸を造った男』マネジメントに悩んだとき


  • ふだん歴史小説を読まない人でも、ビジネス小説を読む人ならおすすめの1冊。商人の実績を買われ、江戸のインフラ構築のプロジェクトリーダーとして招へいされる瑞賢がとにかくかっこいい。いつの時代でも改革には、あきらめない強い意志を持ち、マネジメントするリーダーが必要なのですね。やり遂げた感のある読後感がたまりません。

◆『「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! 伝える力』伝える力を鍛える


  • さすが池上さん、類書と比べて格段にわかりやすいです。説得力抜群。「伝える力」を高めることは、「話す」「書く」「聞く」の各能力を磨くことです。コミュニケーションが苦手な人はもちろん、支障なく仕事ができている人も、読んだら改めて気づかされることがあるはず。この本を読んで、伝える場では「聞く」を忘れがちだったと気づきました。

◆『「今、ここ」に意識を集中する練習 』毎日を健やかに過ごす


  • ”マインドフルネス”は、心をほぐすためのエクササイズ。考え方の本は多く出ていますが、実践にはこの本が一番! 日々の生活に自然に取り入れていく方法を教えてくれます。感情に流されたとき、集中力が切れたとき、「今ここ」に意識を戻すためには?とっちらかったスマホでホームボタンを押すようなものと理解しています。違うかな。

◆『愛するということ』愛について考える


  • 人は愛に飢えていても、愛を学ぼうとはしないのはなぜかと著者は問う。それは、愛されることを考える一方、愛する能力について考えないからであり、愛とは愛する技術だという。思想書なので読みづらい部分もありますが、愛とは何かを考え、読み進める時間はほかで得られないものでした。本当の愛とは何かを知ることができます。

◆『じいちゃんさま』息抜きしたいとき


  • 他人のではなく自分のじいちゃんだからこういう写真が撮れた、と梅佳代さんがインタビューで語っていました。読者にとっては他人のじいちゃんなのに、見ているとつい微笑んでしまいます。じいちゃんに癒やされるなんて、この写真集しかない!?どこにでもある家族の風景を愛情豊かに、ユーモラスに切り取る梅佳代節が全開です。

◆『ぼくを探しに』自分を見つめる


  • 大人になってからも何度も読んだ絵本です。そのときの心が反映されるので、読むたびに別の物語のよう。だれかと同時に読んでも、感じていることはまったく違うはず。読んだことがある人にもう一度手に取ってもらいたいし、読んでピンとこなくても、いつか読み直してもらいたいです。本棚にずっと置き続けたい1冊です。
「愛するということ」「じいちゃんさま」「ぼくを探しに」は"mibon 本の通販"でお買い求めください。



電子書籍なら”今すぐ”読書できます!

作品詳細

人の行動を変えるトリガー、仕掛けを因数分解し、体系化。失敗学、渋滞学に続く面白学問「仕掛学」を知ってもらうための実用的入門書

続きを見る

作品詳細

未来の働き方を描いたベストセラー『ワーク・シフト』の著者が教える、100歳時代の生き方と働き方。戦略的人生設計の必読書。

続きを見る

作品詳細

わかっているつもり、では伝わりません。伝えるために話すこと、書くこと、聞くことを徹底して考えたジャーナリストの究極の方法とは?

続きを見る

作品詳細

グーグル、インテル、ナイキをはじめとした世界の先端企業で社員研修に取り入れられるなど、「マインドフルネス」は“心のエクササイズ”として広まっています。また、プロテニスのジョコビッチ選手などトップアスリートも実践し、注目されています。
「マインドフルネス」は、禅の考え方をベースに宗教的な要素を排したもので、「今、ここで起きていることに意識を完全に向けて集中すること」。日常にマインドフルネスを取り入れると、余計なことを考えなくなり、仕事のパフォーマンスが上がり、人生が豊かになります!

続きを見る

5冊中[1~5件を表示]