mibon

ブルーバックス「地球、この不思議な惑星」フェア

ブルーバックス「地球、この不思議な惑星」フェア
講談社ブルーバックスの好評既刊から"地学、気象学、海洋学、考古学、天文学"といったジャンルの「地球の謎」に迫る本を25冊ピックアップ!
最近のベストセラーも多く含まれています。
科学ファン注目必至のフェア、ぜひご覧ください。

■実施期間:2018/2/9(金)~ 2/22(木)
■キャンペーン内容:対象書籍『30%』オフ!



作品詳細

失われた「ムー大陸」は本当にあったのか? 長年にわたる海底調査から幻の大陸がその姿を現した。地球科学最大のミステリへようこそ

続きを見る

作品詳細

ややこしい知識は不要! 「石の名前」を三つ覚えるだけで、地球のなりたちや、岩石・鉱物の本質的なことがすらすら頭に入ってくる!

続きを見る

作品詳細

水――この最も身近な液体が、地球最大の謎だ。水の「起源・分布・循環」が、地球史を読み解く鍵となる。地球科学の最前線を追う。

続きを見る

作品詳細

1万年前、わずか数年で7℃もの温暖化があった。何万年にも及ぶ過去を克明に記録した地層「年縞」が明らかにする驚きの地球気候史。

続きを見る

作品詳細

プレートひしめく列島上に住む日本人にとって、最も必要なのに最も軽んじられている学問―ー「地学」の知られざる面白さを教えます!

続きを見る

作品詳細

伊豆半島衝突、富士山噴火、海に沈んだ東京・大阪、消えた縄文文化、瀬戸内海をナウマンゾウが闊歩する。驚きに満ちた日本列島史!

続きを見る

作品詳細

日本列島には存在する活断層はなんと2000ヵ所以上。活動期に入ったもといわれる今、活断層地震のメカニズムはここまでわかった!

続きを見る

作品詳細

数千年かかって地球を巡る海洋大循環、日本の気候に影響を及ぼすエルニーニョ。海の様々な現象を知ることで地球の素顔が見えてくる!

続きを見る

作品詳細

山はなぜできるのか。この素朴な問いには、深くて面白い地球科学のエッセンスがぎっしり詰まっている。読めば大地の見方が変わる本!

続きを見る

作品詳細

世界中の海洋学者が注目する「ミニ海洋」=日本海。かつて“死の海”だった日本海を、生命の宝庫にした8000年前の出来事とは?

続きを見る

作品詳細

日本の火山はだいじょうぶか? 火山のことを正しく理解することで火山による災害から身を守り、火山と共存していくための知恵を学ぶ

続きを見る

作品詳細

海底に沈んでいる超巨大な火山は、大地を形成し、大陸を分裂させた張本人だと考えられている。超巨大火山が物語る新しい地球学の誕生

続きを見る

作品詳細

サーファーがくぐる波のトンネルはなぜできる? 「海底を感じた瞬間」に性質を大きく変える波。身近でふしぎな物理現象を解き明かす

続きを見る

作品詳細

東日本大震災の巨大津波は東北地方の生態系も激変させていた。消えた生きものたちの声なき声が「本当の復興」とは何かを訴えかける。

続きを見る

作品詳細

原子力発電の蹉跌、中国・インドの巨大市場化などによって、資源枯渇への不安は、日に日に現実味を帯びてきている。現状のデータを検証しながら、未来を考える。

続きを見る

作品詳細

地球上の水の0・66%にすぎない地下水に世界中の人が依存している。見えないから気づかないその本当の姿を知れば「水」の見方が変わる。名水百選ガイド付き。

続きを見る

作品詳細

プレートの運動によって地球のさまざまな現象を解き明かす地球科学=プレートテクトニクスがわかれば地震大国日本の見方が変わる

続きを見る

作品詳細

「森を育てたら、魚が帰ってきた!」いま注目される、森林が海の生物に果たす役割。

続きを見る

作品詳細

日本の管轄海域面積は世界第6位で、その多くは深海。世界屈指の深海大国・日本の海底地形、資源、生物、環境など実像を紹介する。

続きを見る

作品詳細

南極は、観測基地しか存在しない“科学の大陸”。温暖化が進むなか、富士山の標高を超える厚さの氷床はどうなっているのか?

続きを見る

もっと見る

25冊中[1~20件を表示]