mibon

第1回「未来屋小説大賞」

第1回 未来屋小説大賞
2017年12月25日(月)に“未来屋小説大賞”を発表し、遠田潤子さんの『冬雷』(東京創元社)が第1回の大賞に選ばれました。
未来屋書店が運営する全国の「未来屋書店」「アシーネ」にて2018年1月1日から2018年2月28日まで“未来屋小説大賞”フェアを開催します。

“未来屋小説大賞”は未来屋書店の従業員の中から選りすぐりの読書好きが選考し、決定するものです。

一般的には認知度が低い本であっても従業員が本の面白さを紹介し新たにスポットを当てることで、次のベストセラー作を生み出し、広く世に紹介してくという趣旨のもと選考しています。第1回である今年は2016年9月~2017年9月までの間に刊行された小説の中から、遠田潤子さんの『冬雷』が見事大賞に選ばれました。

【大賞】冬雷


冬雷

冬雷

著者:遠田潤子

1,700円(税込)


遠田潤子さんコメント
『この度は記念すべき第一回に選んでいただき、ありがとうございました。『冬雷』はミステリ、成長小説、恋愛小説、家族小説など様々な読み方ができます。男女問わず、幅広い年代の方に共感していただけると思います。冬雷が鳴り、鷹匠と巫女が祭りを司る海辺の町。主人公は苛酷な運命に翻弄されながらも、誠実に生きようとします。どうぞ、お楽しみください。』

電子書籍をカートに入れる


その他のノミネート作品はこちら

作品詳細

万引き事件がきっかけで長年勤めた書店を辞めることになった一整。しかしある町で訪れた書店で彼に奇跡のような出会いが起こり……。

続きを見る

星の子

【書店員オススメ】大切な人が信じていることを、わたしは理解できるだろうか。一緒に信じることができるだろうか―。

星の子

著者:今村夏子

BUTTER

【書店員オススメ】入れ込み過ぎるな。さもなくば、この女の毒にあたる。

BUTTER

著者:柚木麻子

作品詳細

獄中から溶け出す女の欲望が、すべてを搦め捕っていく――。

続きを見る

作品詳細

【第29回小説すばる新人賞受賞作】中学生の頃、四人の親友を繋げていたのは「宇宙」への果て無き好奇心だった。一度は離れ離れになった彼らは大人になり、大切な人の死をきっかけに再会するが──。16歳の著者が描く、青春群像劇。

続きを見る

作品詳細

雪山に不時着した、小型飛行船・ジェリーフィッシュでの連続殺人。閉鎖状況の艇内で起きた惨劇の真相は? 21世紀の『そして誰もいなくなった』登場! 選考委員絶賛、精緻に描かれた本格ミステリ。第26回鮎川哲也賞受賞作。

続きを見る

四月になれば彼女は

「お願いランキング」にて「カズレーザーが選ぶおすすめ本 第1位」として紹介されました

四月になれば彼女は

著者:川村元気

か「」く「」し「」ご「」と「

きっと誰もが持っている自分だけのかくしごと…共感度No.1の青春小説!「君の膵臓がたべたい」著者が贈る待望の最新作!

か「」く「」し「」ご「」と「

著者:住野よる

作品詳細

きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。

続きを見る

10冊中[1~10件を表示]